初めての射撃
エースハンターのゼロイン調整

2018年05月22日(火)

狩猟

Text by pushman

銃の所持許可証を受け取り銃砲店に連絡。ついに僕の愛銃となる「エースハンター」を受け取ることができました。初心者講習を受けてから3ヶ月。期間だけ見れば長くはないし、実際とても順調だったと思いますが、それでもようやくといった感じです。早速出猟といきたいところですが、まずは警察に銃身長などを計ってもらい、所持許可を申請した銃であることを確認してもらいます。それが終われば許可を受けた用途に限って(僕の場合は狩猟と射撃)、銃を使用してよいことになります。ではいざ出猟!といきたいところですが、まずは動作確認とスコープ調整が必要です。もちろん近所の公園でできることではないので、関西で唯一50mの射場がある京都笠取国際射撃場へ向かいます。

続きを読む

射場のレストに設置したエースハンター

山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記
狩猟の楽しさをおもしろおかしく伝える漫画

2018年05月13日(日)

読書 /

Text by pushman

子どもの頃から本が好きで、今でも興味を持ったものに関する情報の多くは本から得ることが多い。ページをめくる行為が情報を咀嚼する助けになるのか、ネットから得る情報よりも理解が早い気がします。狩猟に興味を持ってすぐに読んだのが、最近狩猟に興味を持った方の多くは読んでいるであろう漫画『山賊ダイアリー』。軽妙に語られる狩猟生活は、狩猟に興味がない人にもおもしろおかしく読めるはず。

続きを読む

『山賊ダイアリー』とエースハンター

猪・鹿・狸
人が動物に化かされていた時代

2018年05月08日(火)

読書 /

Text by pushman

なぜ存在を知ったのかはまったく思い出せないけれど、知って良かったと思える本が増えた。理由は簡単。狩猟に興味をもったことで動物や植物、自然全般の知識がほとんどないことに気がつき、大慌てで情報収拾したから。この『猪・鹿・狸』もそんな本のひとつで、現在とは違う状態の農村、里山などの様子を知ることができ、とてもおもしろく読めた。

続きを読む

『猪・鹿・狸』

ダ・フォース
超えてはいけない一線を、人はどうやって越えるのか

2018年05月02日(水)

読書 /

Text by pushman

『ストリート・キッズ』以来読み続けているドン・ウィンズロウですが、近年はおもしろいけれど重たく、読み進めるのがしんどい物語が多く、気軽におすすめできなくなっていました。この『ダ・フォース』もおもしろく重たい作品で読み進めるのがしんどかったのですが、久しぶりに悪くない読後感でした。

続きを読む

『ダ・フォース』上下巻

初めての銃砲一斉検査
事前準備と絶対にやってはいけないこと

2018年04月28日(土)

狩猟 /

Text by pushman

猟期も終わり、狩猟者登録証の返却を終えた頃、警察からハガキが届きました。警察からのお知らせはドキリとしますが、当然所持している銃絡み。毎年4月に行われる銃砲一斉検査のお知らせでした。これは銃所持者が避けられない数多い義務のひとつなので、検査を受けなければ一発で許可取り消しです。ということで、久しぶりに所轄の警察署に足を運びました。

続きを読む