狩猟生活の歩み
より楽しんでいくための記録

様々な物事に対するちょっとした好奇心が混ぜこぜになり、興味を持った狩猟。食べ物を自分で手に入れる喜び、おもしろさに触れて、自分の中のなにかが変わった実感があるし、いろいろな考え方や思いは今も更新され続けている。その変遷は自分にとって興味深いので、記録してみることにした。

1期目

狩猟道具:エースハンター5.5mm
移動手段:自転車、電車

猟果無し。ほんとに一人で始めたので勝手がわからず、発砲できる状況を作ることにも四苦八苦。出猟中のほとんどの時間は自転車移動に費やしていたので、とてもしんどかった。でも、自転車を漕ぎながら「自分は今、狩猟をしているんだ」と思うと、めちゃくちゃ嬉しかったし、楽しかった。猟期終盤に中古で購入したエースハンターが壊れて強制終了。罠猟師と偶然出会い、シカのもも肉(両足6kg)をいただいたのが唯一の猟果(っぽいもの)。

車なしで狩猟する場合のあれやこれや

出猟に使用している自転車
舗装された道はもちろん、その外観に相応しくないオフロードも文句を言わずに走ってくれた自転車。

2期目

狩猟道具:エースハンター5.5mm 近江屋カスタム
移動手段:自転車、電車

猟果はヘッドショットを狙ってネックショットになったカルガモと、ヘッドショットを狙って羽を破壊するも30分以上逃げ回られタモで回収してナイフで止めを刺したコガモ

前期壊れたエースハンターを北海道の近江屋さん(現在は廃業)でカスタマイズ。その甲斐あってか念願の猟果を得られた。でも、カモの胸肉は期待していたような味ではなかった。素材そのものがおいしいと思い込んでいたので、ちょっとガッカリ。でも、内臓肉、もも肉の旨味は強烈で、もっと食べたいと思った。自分で動物を殺して食べることに心配したほどの抵抗感はなかったので、狩猟を続けられると確認できたことが何よりの収穫だったかもしれない。初めて野生のシカの群れと遭遇して散弾銃で挑む大物猟がより楽しみに。
3期目に向けて冷凍庫を購入し、散弾銃MSS-20を所持、車の購入も決意。

2期目の詳細な記録集

近江屋カスタムのエースハンター
近江屋さんでカスタムしてもらった愛銃エースハンター。フリーフローティングバレル化、強化レバーに換装などなど、心底やってよかったカスタムだけど、猟果に繋げられていないのは悔やまれる。

3期目

狩猟道具:MSS-20、エースハンター5.5mm 近江屋カスタム
移動手段:車(以降同じ)

MSS-20の猟果はヒドリガモ。エースハンターの猟果は半矢で飛べなくなったと思われるカルガモ。

単独忍び猟(っぽいこと)に挑戦するも、狩猟に関する大半の知識の無さを痛感するのみ。それでも痕跡を見つけたり、足跡を追ったり、山の中の道なき道を歩いたり、あらゆることがめちゃくちゃおもしろかった。おかげで「大物猟ってどうしたらええんや……」という迷いが無くなり、コツコツ一人で試行錯誤して学んでいくことを決意。

3期目の詳細な記録集(途中で放棄)

MSS-20
いろんな人にかるーく反対されながらも、見た目とボルトアクションを諦められずに所持したMSS-20。鳥撃ち、大物猟、スキートを楽しめる今となっては、一挺目の散弾銃でも悪い選択肢ではないと断言できる。……強くおすすめはしないけれど。

4期目

狩猟道具:MSS-20、エースハンター5.5mm 近江屋カスタム

MSS-20の猟果はシカ(メス)。エースハンターの猟果はキンクロジハジロ

初めて巻狩りに参加。いろんなことを教わり、経験させてもらった。念願だった罠の見回りにも同行させてもらい、罠猟への憧れが強まる。巻狩には11回参加し、その内10回は獲物と遭遇。そして発砲できたのは4回。仕留めたのは1頭。とてもいい場所で待たせてもらったのに不甲斐ない結果だったけれど、巻狩の待ちで必要なスキルの輪郭がぼんやりとわかった。
エースハンターも発砲回数は激増。しかし当ったのは3回で、内2回は半矢で潜られ回収できなかった。鳥撃ちメインの狩猟生活から大物猟メインに移行したことでメリハリができて、鳥撃ちがより楽しくなった気がする。

巻狩り雑感

箱罠にかかったイノシシ
初めて見た野生のイノシシ。はっきり言って、檻の中にいても暴れてめちゃくちゃ怖い。

5期目

狩猟道具:MSS-20、エースハンター5.5mm 近江屋カスタム

MSS-20の猟果はシカ4頭。エースハンターの猟果はキジバト。

本格的に巻狩りに参加。そして罠猟にも参加させてもらい、止め差しや解体を何度も経験させてもらった。さらに自分で仕留めたシカを一人で解体、精肉したり、「狩猟をしよう」と思ってから「体験したい」と思ったことのほとんどを体験させてもらえた素晴らしい猟期だった。
今期は単独忍び猟よりも巻狩りに参加して狩猟や山の知識を学ぶことを最優先した。それに備えてMSS-20でスキートを練習し、その甲斐あって前期とはまったく違う気持ちで引き金を引くことができた。今思えば前期は走っている鹿をろくに狙えていなかったと思う。獲った数が増えたことよりも、急速に増えている知識を少しずつゆっくりと自分の武器にできていることがうれしい。引き続きスキート練習をして、連射にも対応したい。そして、ランニングターゲットもしっかりとやっておきたい。
巻狩りの参加回数が増えたことで鳥撃ちの回数は激減。それでも出会いは過去最高。キジバトしか獲れていないのは狙撃力不足。でもキジバトは念願の獲物のひとつだったので、とてもうれしい。ちなみにカモよりクセはなくとてもおいしかった。来期は鳥ももっとたくさん食べたい。

巻狩中の待ち場に現れた鹿とMSS-20
待ち場に現れた鹿。スキートの4番と5番の間みたいなコースを走ってきている。この直後に発砲し、4頭目の猟果になった。

Update:

Text by pushman

  • Instagram
  • YouTube
  • ANGLERS