けもの道の歩き方 猟師が見つめる日本の自然
新人猟師の教科書

狩猟免許試験の申し込みをしたものの、自分が狩猟をするというイメージがどうも掴めず帰りに寄った本屋さんで手に取ったのが、『けもの道の歩き方』。自分が狩猟の何を知りたいのかもあやふやな状態でしたが、タイトルと装丁が気に入ったので購入しました。

けもの道の歩き方

前作『ぼくは猟師になった』は、狩猟に興味を持った人に対して狩猟の魅力を伝える内容になっていましたが、今作は狩猟免許を取得して猟師になろうとしている人や、新人猟師に向けた内容になっています。タイトル通り、千松さんなりの「けもの道の歩き方」を教えてくれるといった感じで、ご自身が体験したことや見聞きしたこと、そして感覚だけではなく、たくさんの資料を元にいろんな考察をされています。それらの多くは、まだ実際に狩猟を体験していない僕にも現在の行政主導による獣害対策や、それに絡んだジビエ振興、狩猟ビジネスなどの問題点や課題が説得力をもって伝わりました。もちろん問題点だけではなく、狩猟の魅力や楽しさ、千松さんが体験したエピソードなども前作以上にたくさん語られています。

自給自足の生活への憧れは何度か持ちましたが、現金収入が必要な現代社会では現実的ではないとすぐに諦めていました。しかし、生活の保証がある状態で食べ物を自前で用意することは、楽しくておもしろいことで、現代社会だからこそできるある種の贅沢なんだと思うようになりました。千松さんが言われているように「狩猟を生活の一部に取り入れる」のはすぐにできることではありませんが、自分が置かれている状況でできることもたくさんあります。僕は狩猟を生活の一部に取り入れられる状況ではありませんが、この本にはその状況をつくるヒントと、その状況を作り出した時の楽しみ方や考え方の指針が書かれています。少しずつその方面に足を運んで、さらなる贅沢を楽しみたいと思います。

狩猟を始めると意識せざるをえない問題や出来事を丁寧に紹介してくれる、新人猟師にとって教科書的な本だと思います。

2018年06月26日(火)

読書 /

Text by pushman