世界のすべての七月
20代の読者としての感想

ティム・オブライエンといえばベトナム戦争物ですが、この作品も例に漏れずベトナム物です。そして群像劇。1969年度の卒業生たちが2000年に開いた3回目の同窓会。そして卒業する年である1969年、2つの時代が交錯しながら話は流れていきます。

給料でたてで気が大きくなっていたのでためらわず購入しました。

ヴェトナムに行った男、
行かなかった男、
裏切った女、
裏切られた女、
二人の夫を持つ女、
待ち続ける男……

世界のすべての七月

最初は正直戸惑います。登場人物が多く、「ジャンってだれ?」「スプークって女?男?」ってなかんじで。

でもやっぱり読ませますね。翻訳している村上春樹さんの作品だと流れに身を任せて読んでいけるのですが、ティム・オブライエンは激流のように強引に押し流すというか、なんせ力ずくです。それに慣れるともう止まりません。

僕はベトナム戦争を知らない世代ですが、この作品に限らずティム・オブライエンの作品を読むと、病んだ空気感がひしひしと感じます。この人はベトナムを通して世界を構築して、普遍的な何かを僕達に伝えようとしているんだなと。訳者後書きにあった「20代の読者としての感想」は、「歳とっても楽になることは何もないんだな」といったところでしょうか。ハッピー・エンディングをあきらめてる人ってのは、僕らの世代に多そうな気がしますね……。

とにかく、相当猛烈にお勧めです。

2004年03月31日(水)

読書

Text by pushman