曲がってしまったスコープマウント
新しいマウントが届くまでの応急処置

先日のアクシデントでレールに噛ませる爪の部分が、むしれるように破損してしまったスコープのマウントベース。射撃場で確認すると、接眼レンズ側のリングが前方のリングより下がっている、つまりそのままスコープを載せると、上向いてしまう方向に曲がっていることが判明。そのためエレベーションダイアルで調整できる範囲を超えて、スコープが上向いてしまうので、応急処置。

「BKL-254 High」とシャープ純正スコープ
よく見ると接眼レンズ側(左)のマウントリングが下がっているように感じる。スコープとの隙間が大きく見えるのは後述の応急処置が原因。

前方のリングをしっかりと締め直し、後方のリングを緩めて少しスコープが上下に動くようにする。接眼レンズ側を下から持ち上げるようにしてスコープとリングの間に隙間を作り、スコープとマウントリングの間に紙切れを挟み、強制的にスコープが下を向くようにしてみた。
見た目はかなり不安だが、無事に50mでゼロイン成功。ずっと使い続けることはできないが、着弾はまとまっているので、とりあえず残りの猟期はなんとかなりそう。とはいえ信頼できないので早急に同じ商品を手に入れたいが、国内で取り扱っているお店がなさそう。猟期が終わったらダメ元で逆方向に曲げ直してみる予定。

曲がってしまったマウントベースの応急処置
詰め込んだ紙片がはみ出してブサイクなことこの上ないが、かなり苦労した甲斐あって、なんとか50mのゼロインは成功。

狩猟

Text by pushman

最新記事