シカゴ育ち(ペット・ミルク)
いつでも温かい気持ちになれそうな物語

以前読んだ『ナイン・インタビューズ』で読みたくなった、『シカゴ育ち』を読みました。柴田さんが信用できる事を再確認するとともに、また新刊がでたら値段も確認せず買ってしまう作家が増えてしまいました。

柴田さんの後書きにも書かれていますが、「短編」「超短編」「ちょい長めの短編」が絶妙に配置されていて、素晴らしい構成に仕上がっています。ナイン・インタビューズ付属のインタビューCDを聞きましたが、とてもまじめそうないい声です。きっといい人に違いないと思います。でも写真とこの声からは、とてもこんな繊細な物語を書く事は想像出来ません。見た目だけで言えば、もっと武骨な作品を書きそうですが、ほんと優しい作品でした。

ナイン・インタビューでも紹介されている、「冬のショパン」もよかったし、「荒廃地域」「アウトテイクス」「珠玉の一作」「迷子たち」「夜鷹」「熱い氷」ってもうほとんど全部素晴らしいのですが、僕の一番のお気に入りは最後の作品である「ペット・ミルク」です。あまりそんなことしないほうがいいとは思うのですが、読み終わってすぐに、「ペット・ミルク」を読み返してしまいました。なんですか、この作品は?! 相当猛烈素晴らしいです。いろんな短編を読みましたが、こんなに「はっ」とさせられたのは、村上春樹の短編集『カンガルー日和』に集録されている「100%の女の子」以来でした。なんかこう自分の視野というか、感性みたいなものを、そっと大きく拡げられたような気がします。

たった8ページの中に、とても印象に残る言葉がちりばめられています。主人公の誕生日、仲のいいガールフレンドのケイトと一緒に生牡蠣を食べるシーン、その時、改めてケイトの美しさに気づくシーン、ケイトのセリフ。とても温かい優しい気持ちになれます。そしてかつての自分を優しい気持ちで振り返るラストシーンは……ちょっと言葉に出来ません。帰りの電車で読み終わったのですが、ふと周囲の人を眺めていました。そして、ここにこんないい物語がありますよ、と声を大にして言いたくなりました(笑)。

この人の作品の特徴は、クライマックスというか、結構劇的な個所でも、すーっと読んでいってしまって、「あれ? 今のは……」という感じで、2〜3行読み進んでからはっとさせられてしまうところでしょうか。例えば下を見ながら歩いていて、「あれ?」っと光るものを見つけても何歩か歩いていってしまうように。そんな時は大抵パチスロのメダルだったりするのですが、今回は「まじで500円玉かよ!」という感じです。……なんて情けない例えだ。えーっと、あくまでニュアンスはということで。なんせ全然大げさなところがない。かといって淡々とした話でもなく。とても丁寧で誠実な語り手なんだと思います。

なんとなく寝れないで、少しだけ憂うつになりそうなときに、この作品、特に「ペット・ミルク」を読むと、少し救われるような気がします。

2004年06月11日(金)

読書 /

Text by pushman