「狩猟道具」タグを含む記事一覧

双眼鏡用のハーネスを自作
素早く使えて邪魔にならない

新しく購入した双眼鏡は概ね満足。視界が明るく広くなったおかげで、判別しやすくなり暗がりにいるカモを見落とすことはなくなった(今の所は)。重さに関しては「軽くはないけど重たくもない」という印象で我慢できる。
不満なのは大きさ。今までは上着のポケットに入れていたが、流石に入らない。ボディバッグのようなものに入れることも考えたが、猟場ではちょっとしたことで「あれはなに?」と確認したくなることは多いので、大きい双眼鏡はどこに入れても「さっと取り出す」という感じにはならない。首からかければ問題解決だが、ぶらぶらするのが大変鬱陶しいし、邪魔になる。自転車を漕いでる時に気をとられると危ない。
しかしいくら安物とはいえ、買い換えするほど使い込んではいないので、大好きな工夫で対策することにした。

続きを読む

双眼鏡とハーネス

狩猟 /

Text by pushman

鳥猟用の双眼鏡 QUNSE-X21(8倍32口径)
狩猟には必要十分な性能(重さと大きさには目を瞑る)

エアライフルで鳥猟するなら双眼鏡は必須。肉眼で判別しにくい場合はもちろん、隠れているカモを探すためにも必要となる。昨年は自宅にあったスポーツ観戦用の8倍22口径の安物を使用していたが、肝心な場面で「もうちょっと明るければ」「もうちょっとくっきりと見えれば」とストレスを感じることが多かった。幾度となく新しいものを購入しようと思い、その度に「使えないわけではないもんなぁ」と逡巡してしまい、結局そのまま猟期が終わってしまった。
今年も同じものを使っていたが、昨年より知識や情報が増えたことで、判別の重要性を再認識。錯誤捕獲に繋がりかねないので、思い切って購入したのは安物単眼鏡。予想通り安物買いの銭失いになり、改めてこの双眼鏡を購入することになった。

続きを読む

QUNSE-X21(8x32)

買い物 /

Text by pushman

Kenko 単眼鏡 10-30倍×21口径(101209)
ピントは甘く、視界は暗く、視野は狭い

カモは肉眼でも簡単に見つかるが、判別するために双眼鏡は必要だ。薮と畑の間に潜んでいるキジを見つけるためにも必要になる。幸い自宅にスポーツ観戦用の安物双眼鏡があったので使っていたが、獲物との遭遇が増えるにつれ「もう少し明るければ」と思うことが多くなってきたので購入を決意。しかし光学機器の性能は値段に正直なので、悩み続けていた。
ある日の出猟中に片目だけで覗いたことがきっかけで、双眼鏡よりも単眼鏡が自分のスタイルに合っている気がしたので、勢いで購入したのがKenkoの10-30倍×21の単眼鏡。

続きを読む

Kenko 単眼鏡 10-30倍×21口径

買い物 /

Text by pushman

エースハンターのガンケース
RUGERライフルケース SPORTER 40インチ

初年度の猟期後半に壊れてしまった愛銃エースハンター。エースハンターのカスタマイズなどで有名な北海道の銃砲店「近江屋」さんで完璧に調整してもらったのですが、ハイマウント仕様にしたため純正のガンケースに入らなくなってしまいました。数日後に射撃練習する予定があったので慌てて安いガンケースを購入。慌てて買い物したら大抵後悔することになりますが、案の定サイズを勘違いしてエースハンターには大き過ぎました。小さすぎるよりは良かったですが、工夫でなんとかしようとしているうちに猟期がせまってきたので実銃用、トイガン用関係なく調べまわり、ようやくジャストサイズのガンケース「ルガー ライフルケース SPORTER 40インチ」を見つけました。

続きを読む

RUGERライフルケース SPORTER 40インチ

買い物 / /

Text by pushman