エースハンターのガンケース
RUGERライフルケース SPORTER 40インチ

初年度の猟期後半に壊れてしまった愛銃エースハンター。エースハンターのカスタマイズなどで有名な北海道の銃砲店「近江屋」さんで完璧に調整してもらったのですが、ハイマウント仕様にしたため純正のガンケースに入らなくなってしまいました。数日後に射撃練習する予定があったので慌てて安いガンケースを購入。慌てて買い物したら大抵後悔することになりますが、案の定サイズを勘違いしてエースハンターには大き過ぎました。小さすぎるよりは良かったですが、工夫でなんとかしようとしているうちに猟期がせまってきたので実銃用、トイガン用関係なく調べまわり、ようやくジャストサイズのガンケース「ルガー ライフルケース SPORTER 40インチ」を見つけました。

RUGERライフルケース SPORTER 40インチ

ガンケースの代わりにギターケースやタックルケース、カメラや音響機材の運搬用袋など、似たようなものを使用されている方も多いようです。四角い形状でリュックのように背負えるのは楽ですし、「あの人の背負ってるのなに?」「あの人が背負ってるの……ガンケース?」という眼差しで見られませんしね。しかし、よーく考えると猟場となる川や池、畑の周りでギターケース背負ってうろうろするのは目的不明で相当怪しく見える気がしたので、結局怪しまれるならせめて猟場では悪目立ちしたくないと考え、ガンケースを購入することにしました。

シャープ純正ケース
近江屋のハイマウント仕様だと純正ケースはスコープカバーが邪魔してジッパーを閉じられません。

Amazonで「ガンケース」を検索すると、2,000円台から見つかりますし、そんなに粗悪なものもなさそうな印象でした。しかし、どうもサイズが合いません。僕のエースハンターに長過ぎたり太過ぎたり。そんな中見つけたちょっとお高めのこのルガーのライフルケースは日本語のレビューこそありませんが、海外では概ね好評。サイズは外寸しか記載されていませんでしたが、見たところ入らないことはなさそうだったので思い切って購入。計ったかのようにジャストサイズで、クッション性も抜群。純正のケースは合皮性でケース自体が重たかったのですが、随分軽くなりいいことずくめでした。

「RUGERライフルケース SPORTER 40インチ」の厚み
かなりしっかりとした保護パッドが入っておりようです。ちなみに両側とも同じ厚みです。

不満だったのがジッパータブ。しっかりしていますが、揺れるとカチャカチャうるさい。猟場で使うには論外ですし、街中でも「あいつの背負ってるケースカチャカチャうるせえなぁ」と思われそうなので思い切って切断し、『山賊ダイアリー』でもよく活用されているパラコードを使ってジッパータブを自作しました。思っていたよりも簡単に音対策ができて大満足です。

「RUGERライフルケース SPORTER 40インチ」純正タブ
銃本体を収納する箇所にはジッパータブが2つあるので絶対に音が鳴ります。ちなみに最初からちょびっと塗装が剥げていました。
パラコードで作成したジッパータブ
2mmのパラコードを平編みにして作成。場合によっては小物入れも音が鳴るので全てこれにしました。

もうひとつ不満なのが、キャリーハンドル。販売サイトで売りのひとつになっているベルクロですが、はっきり言ってこれは不要です。確かに運搬時は便利ですが、猟場でベルクロを外すとあのバリバリ音で獲物が逃げます。ベルクロが便利なのは認めますが、猟場で使用する道具には向いていないと思います。まあこれは自分の使い方でなんとでもなるのでそのまま使用予定です。
ということで、エースハンターにはほぼ100点満点で満足できるケースです。


このようにジャストフィットです。

2018年11月05日(月)

狩猟 /

Text by pushman