双眼鏡用のハーネスを自作
素早く使えて邪魔にならない

新しく購入した双眼鏡は概ね満足。視界が明るく広くなったおかげで、判別しやすくなり暗がりにいるカモを見落とすことはなくなった(今の所は)。重さに関しては「軽くはないけど重たくもない」という印象で我慢できる。
不満なのは大きさ。今までは上着のポケットに入れていたが、流石に入らない。ボディバッグのようなものに入れることも考えたが、猟場ではちょっとしたことで「あれはなに?」と確認したくなることは多いので、大きい双眼鏡はどこに入れても「さっと取り出す」という感じにはならない。首からかければ問題解決だが、ぶらぶらするのが大変鬱陶しいし、邪魔になる。自転車を漕いでる時に気をとられると危ない。
しかしいくら安物とはいえ、買い換えするほど使い込んではいないので、ネットの情報を参考に大好きな工夫で対策することにした。

双眼鏡とハーネス

使用したのは『山賊ダイアリー』好きとしては何かにつけ使ってみたくなるアイテム、パラコード。キーホルダーなどについている金属製の輪っか2つ。これは双眼鏡の本体にパラコードを通してスムーズに動くようなら不要。コードストッパーがあれば長さを調節できるようになって便利。

作り方はこの動画がわかりやすい。

長さの調節が不要であればこれで完成。パラコードの長さは普通にぶら下げた時に必要だと思う長さの2倍程度で十分。
長さ調節が必要な場合は、最初に作った結び目部分にコードストッパーを使用。

双眼鏡用ハーネス - 長さ調整仕様
結び目にコードストッパーを使用した場合。長さ調整が不要でもこうしておくと固定する長さを決めやすいのでおすすめ。
双眼鏡用ハーネス - 長さ調整仕様
こうすると装着時にキュッと締まる。最後の結び目との距離が長くなると不安定になるので、その場合は結び目の手前にもコードストッパーを使用する。ただ、そうするとちょっと使いにくくなる。

長さを調節できるような結び目にしておけば、コードストッパーも不要かもしれない。というかそもそもちゃんと長さを決めておいた方が余分なものが要らないし、使い心地もいいかもしれない。工夫してる感は弱くなるが。

こうするだけで身体から離れなくなるので、自転車を漕いでいても気にならない。歩いても走っても大きく揺れないので、狩猟の時だけではなく、カメラなど何かを首からぶら下げて活動的なことをする時にも、この工夫はおすすめ。

Youriad パラコード 9芯/7芯/5芯 30m(3mm〜4mm)

お手頃価格で使い勝手も良いです。ハーネスの他にも、編み込んでスリングにしたり、クーラーバッグを荷台に固定するために使用しています。

Update:

狩猟

Text by pushman