エースハンター5.5mmで初めて仕留めたカルガモ
2018年度 7回目の出猟

前日より急激に気温が下がり、ようやく人の気配が薄くなりそうで一安心。とはいえ寒いと外に出るのがつらいのは自分も同じ。今期初めて「もう少し……」と布団の中でぐずってしまった。しかしより快適に狩猟を楽しめるよう、寝る前に装備品をちょこちょこいじったことを思い出して発奮して予定通り出猟。

カルガモの翼鏡
仕留めたカルガモの翼鏡。金属っぽい光沢が大変美しいが、写真が拙くて再現できていない。

この日はカル川から探索開始。この川は高確率でカルガモがいるので(だからカル川)、カルガモがいることを前提に行動。隠れている範囲も把握済みなので、かなり距離をとって近づく。途中エースハンターを12回ポンプ。ペレットは装填しないが、すぐに取り出せるよう準備しておく。

一番近いカルガモの潜伏ポイントに到着。しかしなにもいない。ちょっと来るのが早すぎたかなと思いながら要所を確認して下流に進む。突然対岸の薮からヌートリア出現。先日見たものよりも小ぶりだったが、ここで狙いを変えるのはよく無い気がしたので無視。いずれは仕留めたい。

忍び足で探索を続けるが、今日に限って本当にいない。諦めムードになりつつあったが、過去の失敗を思い出して引き続き慎重に探索を続ける。
最後のポイントからこっそり水面を覗くと、2羽のカルガモが薮の下に潜んでいるのを確認。慌てずに……と思いながらやはり焦る。エースハンターを構えるが、茂っているヨシが邪魔で狙えない。前回と同じ失敗をしたくはないので一旦撤退し、下流から狙いやすいポイントに追い込む作戦に変更。

一旦土手に上がりこっそり下流に進んでいく。カモが潜んでいる場所の近くはより慎重に移動していたが、通過してしばらくすると飛ばれてしまった。
自分なりに気を張って行動していたので呆然としかけたが、カモは同じ川に戻って来ることもあるので気を取り直して行方を見守る。期待通りこちらに向かってきたが、旋回して山に向かい、そのうち見失ってしまった。

自分でもはっきりと自覚できるぐらい意気消沈したが、カルガモが逃げた方にある畑の中の池(畑中池と命名)を思い出す。この池は良い雰囲気なのだが、カモはもちろん他の鳥も見たことがない。「どうせおらんやろうなぁ」と気合いを入れずに近づいていきそうになったが、再び今までの失敗を思い出し、カモがいると信じて準備開始。ガンケースのジッパーを空けて少しでも早くエースハンターを取り出せるようにして近づいていく。

忍び足で坂を登り、ゆっくりと頭を起こして水面を覗くと、鳥らしき姿を確認。慌てて頭を引っ込めて双眼鏡を取り出す。こっそり覗くと池の端っこにカルガモが2羽。根拠はないが、おそらくさっき逃げた2羽に思える。おそらく30mないぐらいの距離で、まだこちらには気が付いていない。
絶好のチャンス。
静かにペレットを装填してスコープを覗き、大きい方のカモの頭の少し前方にレティクルの中心を合わせる。

初めて獲ったカルガモの狙点と着弾点
実際の猟場での写真ではないが、似たような状況の写真で再現。ゆっくりと前に進んでいたので狙点は気持ち前方、30mでゼロインしている状態なので、高さは狙うべきところに定めたが、首に着弾。

昨年から合わせて猟場で発砲したペレットは9発。通算10発目の引き金を引いた瞬間、今までは違う手応えを感じた。
パァンッ!という発砲音のあと飛び立つ1羽のカルガモ。狙った方も羽ばたいているが、首ががっくりと折れてうまく動けない。
「中った!」と心の中で叫び、慌てないように自分を言い聞かせる。ついにやったと湧き出る喜びを抑えて状況を確認。エースハンターをケースに戻す時に気が付いたが、無意識で安全装置でロックしていたのが少し嬉しい。
カルガモはもう動いていないので回収道具を持って現場に向かうと、再びバタバタと動いている。止め刺しをしたことがないので狼狽したが、ナイフを取りに戻っている間に息絶えていた。
振り返ってみると、この時一人でぬかるんだ場所をバタバタと走り回りっていたので危なかった。落ち着いているつもりで全然落ち着けていなかったようだ。

回収したカモは首が折れており、改めて、というか初めて直径5.5mmnの小さな鉛玉の威力を目の当たりにした。
使い捨てのゴム手袋を装着して状態を確認。腸抜き、血抜き、羽むしり、冷却などなど詰め込んでいる知識が一気に溢れ出すが、正直どうすればいいかわからない。少し考え、お腹に弾があたっていないので羽をむしったり腸を抜いたりは自宅で行うことにする。
冷却だけはしたかったので、ビニール袋にカルガモを入れて、持参した保冷剤を詰めたクーラーバッグに収納。
まだ獲りたい気持ちもあったが、一刻もはやくこのカルガモを食べたいので、通り道にあるいくつかの池を確認して、7日目の出猟を終えた。

この日は狩猟開始から発砲するまで1時間もかかっていない。回収を含めても1時間30分ぐらいの時間だった。いつもは数時間かけてなにも獲れていないので、帰りの電車ではとても不思議な気分だった。
自宅周辺には猟場がなく、車を持っていないという環境で、どうすれば狩猟ができるか考え、本やネットで調べ、経験者に相談し、いろいろひっくるめて考えに考え、自分で決めたやり方で成果を出せたことはとても嬉しい。狩猟を体験したいと思ってから約2年。「自分で獲物を見つけて」「自分で仕留めて」「自分で解体して」「おいしく食べる」ことをようやく体験できた。
想像以上に大変だったが、獲物を仕留めることへの葛藤みたいなものは心配したほど感じなかった。多大な労力と時間とお金をかけて、自分には向いていないと判断する可能性もあったが、それはもうなくなった。
自分が狩猟を楽しめることを確認できたので、自分が食べたいものを、自分で手に入れられるように、安全第一で狩猟を続けていきたい。

狩猟

Text by pushman

最新記事