野生のシカの群れに初遭遇
2018年度 9回目の出猟

昨年は13回出猟したが、実際はもう少し出猟できたはずだった。猟場に行けばほぼ確実にカモやキジに遭遇するので楽しいのだが、捕れないのはやはり悔しいし、哀しい。そんな日々を重ねているうちに、早起きしたのに「寒いな」「眠いな」と思いながら布団の中でぐずり、そのうち『山賊ダイアリー』の主人公の狩猟仲間であるマサムネくんの名言「いたって どうせ獲れねぇよ……」という声が聞こえてきて、あっさり納得してそのまま寝てしまったことが何度かある。
今年は獲れる予感に満ちていたり、実際にカルガモを獲ったせいか、今の所マサムネくんの声は聞こえてこない。

家を出た時は寒さを感じなかったが、猟場に着くと雪こそ降っていないが霜が降りており、大変寒い。間違いなく今期一番の冷え込み。しかしこの寒さでは畑仕事する人も少ないはず。そう思うと、一刻も早く猟場を回りたくなる。

山中池に到着。気温のせいか、いつもより静かで気分が盛り上がる。地面が湿っているせいで足音も小さい。突然後方に気配を感じたので振り向くと、白いブリーフのようなものが山の斜面をぴょーんぴょーんと駆け上がって立ち止まった。「……ッシカ!」と思ってこちらも立ち止まると、もう一頭が左手から出現。先を行くシカが3歩、というか、3跳びほどして立ち止まっては後ろの一頭を待つことを繰り返しながら、急な斜面を駆けて行く。100mは離れていると思うが、立ち止まるたびにこちらを伺っている様子。ここはまだまだ山の入り口で麓に民家もある。足跡や糞は見ていたので獣が出てきているのはわかっていたが、実際人の生活圏で獣を目の当たりにすると、やはり驚く。寒いうえに霧のせいで薄暗いので、いつもよりゆっくり行動していたのかもしれない。二頭はペースを乱すことなく駆け上がり、そのうち見えなくなってしまった。

シカを目撃した場所
逃げられないように可能な限り小さな動きでiPhoneを取り出し撮影。シカがいたのは正面の木の後ろ、写真全体の中央あたり。撮影した時はシカのお尻が見えていたのだが、残念ながら写っていない。

獣の行動時間がいつもより遅いなら、もしかするとイノシシ、ひょっとするとツキノワグマも……とビビりまくり。イノシシが掘り返したような痕跡はよく見るし、何かに引っ掻かれた木も見たことがある。基本的に野生の動物は人と出会ったら逃げ出すそうだが、子連れで気が立っているイノシシなどは向かってくることもあるそうだ。とにかくエースハンターでは大変心細い。カスタマイズしたのでシカやウリ坊の止め刺しに使えると聞いているが、さすがに自由に動けるシカを仕留めるのは難しいだろう。下手に手を出すと逆上したシカに角で突き殺されたり、蹴り殺されそうな気もする。ナイフを取り出そうかと考えたが、慣れない道具を振り回すのも危ないでの、お守りがわりに携帯しているクマスプレーを手に、改めて池に向かう。

水面を覗くと、一面真っ白。凍ってはいないが水蒸気が立ち込めてほとんど見えない。念のため双眼鏡で覗いてみたが、やっぱり見えない。いつも逃げられる原因となっている、土手での仁王立ちをしてもなにも出てこない。
さらに奥まった池(奥山池と命名)を目指して山道を登っていると、左前方で物音。直後にシカが飛び出してきた。さっきより近いが、それでも80mほどの距離はある。先ほどより警戒度が高く、立ち止まることなく一気に急峻な斜面を駆け上がっていく。同じ場所からもう一頭が後を追う。続けてもう一頭。先行しているシカが逃げた方から鳴き声。仲間に警告しているんだろうなという声だった。
万が一に備えてエースハンターを構え、右手にペレットを持つ(姿は確認できないので装填はしない)。断続的に鳴き声が聞こえてくるが、姿は見えない。そしてなんというか、気配が消えない。どうも見られているようで落ち着かない。しかしこちらに勝ち目はないので、予定通り池に向かう。
シカが走り回った直後なのでなにもいないだろうと思ったが、カモの群れを発見。小さくて数が多いのでコガモだとあたりをつけて双眼鏡で確認すると、やはりコガモ。まだこちらには気が付いていないようなので、できるだけ距離を詰める。50mぐらいまで近づいたところで気づかれたので、これ以上近づくのは難しいと判断し、ペレットを装填して膝射で狙いを定めて引き金を引く。コガモの右手前に着弾。コガモは一斉に飛び立ち、シカの気配も消えていた。

最初にシカが駆け上がって行った斜面を見ると、斜面というより崖。こんなところを駆け上がる勢いで体当たりされたら、吹っ飛ばされるのは間違いない。怖い。これからはある程度こちらの存在をアピールした方がいいかもしれない。
たった數十分の出来事だったが、体験してみたかったことなので心地よい疲労感。いつか自分でシカ肉を手に入れたいと改めて思った。

シカが駆け上がって行った斜面
写真下部の中央から駆け上がり、左上方に走って行ったはず。写真では伝わりにくいが、後を追う気にはならない斜度。

この後、急速に天気がよくなり気温も上昇。それなのに池は薄暗いところが多いせいか、ほとんど凍っている。朝の思惑は外れて畑仕事をする人もたくさん出てきた。おまけに池や川で治水工事のようなものが行われており、まったくカモがいないし、そもそもそんな状況で銃は撃てないので、早々に終了。

今回も獲物は捕れなかったが、シカとの邂逅は嬉しかった。これから気温は下がっていくはずなので、今日のような天候になることもあるはず。そうなればまた見ることができるかもしれない。その時はいつか仕留める日のために、可能な限り観察したい。
今回コガモを撃ち損じたことで、ようやくレンジファインダーの購入を決意。獲物との出会いに恵まれている割に、捕獲率というか命中率が低すぎる。今まで目測で距離を判断していたが、猟場での射撃は不確定要素だらけなので、排除できる不確定要素はなりふり構わず排除することにした。いつかは目測でも獲れるようになりたいので、レンジファインダーの助けを借りて、目測の精度を高めていきたい。

狩猟

Text by pushman