ポンプ式エアライフルのデメリットを痛感
2018年度 8回目の出猟

前回ようやく初めてカルガモを仕留めたので、とても待ち遠しかった8回目の出猟。久しぶりに予定時刻に完璧に目覚め、準備も滞りなく進んで意気揚々と出発。「獲れなくても楽しい」のは本当のことだが、獲れるとその何倍も楽しい。
今回もその楽しさを味わいたいが、「獲れなくて当たり前」であることを自分に言い聞かせて猟場に向かう。

山中池に到着。猟場は時折雨粒を感じる程度の曇天模様。足元は悪いが、いつもはガサガサと鳴る落ち葉の音がしないし、単純にカモの警戒心が普段より緩くなっている気がして期待が高まる。いつものようにエースハンターを12回ポンプし、一旦ケースにしまう。法面を登りゆっくりと顔を出して水面を覗くと、ホシハジロが2羽。さっと「ホシハジロ」と確認できたのは判別力の向上を感じられて嬉しい。
昨年この池でカモを見ることはほとんどなかったが、今年はほぼ毎回なにかしらのカモを目撃しているので、木陰になっている場所も丹念に探す。暗くてはっきりわからないが、ホシハジロと比較して明らかに大きいカモらしきシルエット。ホシハジロは悠々と餌を探しているが、この2羽は明らかに警戒している。カルガモのような波状の模様が確認できないので、マガモの可能性が高い。
この時点では確信が持てないので一旦退却。移動してしばらく潜み、マガモが少しでも明るい場所に出てくるように祈る。数分後こっそり顔を出すと、まだ木陰にいるが先ほどより姿を表しており、マガモと確認。距離は80mぐらいありそうなのでもっと近づきたいが、これ以上近付こうとする素ぶりを見せると、今までと同じように飛ばれてしまう可能性が高い。意を決して初の50mを超える遠距離射撃に挑む。

今のゼロイン距離は(おそらく)30m。50m以上はドロップ率が大きくなるので、相当見越さないといけない。今の状態でレティクルの中心を50m先に狙いをつけると、着弾点は丁度レティクルの太さが変わるぐらいになる。80m先を狙うとなると、レティクルの中心からかなり下を狙う必要があるので、スコープの下1/4ぐらいを狙点に決定。レティクルの中心はマガモの向こうの土手なのでとても不安。ついつい狙いを下げそうになるのをぐっとこらえて、引き金を引く。

現在のレティクルと狙点の状態
現在のレティクルと狙点の関係は、おそらくこんな感じ。80m先の獲物を狙う場合、こんなに上を狙わないといけない。これが正しいとしても、手は常に動いているし、引き金を引く瞬間にかかる力が原因でずれてしまうこともあるので、実際そこに狙いを定めて発砲できているかといえば、大変怪しい。

パァンという発射音の後しばらくして(といっても1秒ちょっとだと思うが)マガモの上の葉っぱが散る。狙点が下過ぎたらしい。少し間を開けて慌てて羽をばたつかせるマガモ。しかし珍しく飛ばない。慌てて撤退してポンプし始めるが、マガモの鳴き声が聞こえたかと思うと頭上を飛び去っていってしまった。ホシハジロはまったく動じずまだ泳いでいるが、さらに遠いので断念。狙ったのがマガモだったこともあり、「すぐに次弾を撃てれば……」と初めて思った。

気を取り直して先日カルガモを獲った畑中池に移動。ゆっくりこっそりと頭を出して水面を確認。しかしなにもいない。前回獲ったとはいえ、ここでカモを見たことがなかったので、あの時はやはりカル川から逃げてきたカルガモだったのだと確信。せっかくなので地形を確認しておこうと土手に立って辺りを見渡すと、死角になっていた茂みから4羽のカルガモ。慌てているようでガァガァ鳴きながら羽をばたつかせている。こちらも慌ててケースの中のエースハンターに手を伸ばすが、あっという間に飛び立ってしまった。

意気消沈しながらもう一度山中池を確認。マガモを飛ばしてから4時間程経っているので、戻ってきていることを期待したが、なにもいない。こういう状況で何度も隠れたカモを見落としているので、丁寧に木陰や茂みを双眼鏡で観察するが、今度こそなにもいない。とぼとぼ歩きながら、水面に細かい枝がたくさんせり出しカモが隠れる絶好のポイントを凝視。「こういうところを通り過ぎたらよく飛び立つよなぁ……」と思って立ち止まる。しかしなにもいない。念のため双眼鏡で覗こうとすると、なにもいないはずの水面から10羽近いカモが突然飛び立つ。呆然。まったく見えていなかった。幸い低空飛行のまま対岸に着水。まとまった数や大きさ、そしてこの行動がとてもコガモっぽい。

双眼鏡で確認するとやはりコガモ。距離は80mぐらいに見えるが、朝のマガモと大きさが違うのでもう少し近いのかもしれない。マガモと同じぐらい離れていると想定してスコープを覗くと、明らかに小さい。知らないうちに風も吹いていて、かなり難しい状況。撃ってから着弾するまでの時間と弾道をイメージして、そこに風向きを加える。中るイメージができたのでスコープを覗き、引き金を引く。発射音の後、明らかに実際の時間よりも長く感じる一瞬の静寂。そしてパシュッという水が跳ねる音。コガモの手前、そして前方方向に着弾。狙点が少し高く、風の影響は思っていた以上だった。当然コガモは飛び立ち、再び着水。また慌ててポンプをしようとしたところで再び飛び立たれ、この日は終了。

空砲を撃つことを避けるために直前までポンプしなかった昨年とは違い、今年は最初の猟場についたらすぐにポンプして単発プレチャージ式状態にしている。おかげで発見するとほぼ発砲することができている。しかし、今回のように初撃を外してもターゲットがその場を離れない場合は、やはり5発装填できるプレチャージ式でないと流石に厳しい。どうせすぐには撃てないんだし、次にこのような幸運に恵まれたら一旦退却した方がいいのかもしれない。カモが油断しないとも限らないし、慌てないように行動すべき。そして、コガモの群れが隠れている場所を凝視していて気がつかなかったのだから、隠れているカモの見つけにくさをもっと認識すべき。

プレチャージ式とポンプ式で迷い、見た目重視でポンプ式を選んだことは後悔していない。「プレチャージ式に比べてパワーがない」「連射できない」「撃つ度にポンプが必要」といったポンプ式のデメリットは、「獲物に気づかれないようにできるだけ近づく」「初矢で仕止める」などそれを補う行動、技術でカバーすると決意したつもりだったが、まだまだ覚悟が足りなかったようだ。次から妥協せず、1mでも近づいてから撃つようにしたい。

狩猟

Text by pushman