南くんの恋人
倦怠期の判別ができるかも

漫画はお風呂で読むのにぴったりだと思う。昨日は『Sudden Fiction―超短編小説70』を読もうかと思ったが、その横に置いてあった『南くんの恋人』をパラパラめくるともう止まらなくなって、お風呂場まで持ち込んでしまった。

理由もわからず小さくなってしまった、南くんの恋人「ちよみ」と、南くんの同棲生活は不便な事だらけだけれど、すごく幸せそうに見える。南くんは優しい男の子だけれど、たまに言わなくてもいいことをといってしまったり、すけべなことを想像したりする。小さなちよみもわがままを言ったり、やきもちを妬いたりする。本当に普通の恋人同士。唯一他の恋人達と違うのは、ちよみの生活の面倒は全て南くんが見ていること。

そういう関係もちょっといいな、と思ってしまう、特殊な状況にある普通の恋人同士のお話。

文庫本で薄いし、ちゃんと一話ごとに話も完結していて、話の終わりに盛り上げて次回まで引っ張る、みたいなことをしていないので、区切りもつけられる。ということで何回も読んでいる。となると、お風呂で読むのにぴったりの本である。と思ったが、結果は失敗だった。話のノリは全然重くないが、相当に切ない。おまけにエロい。つまり、エロ切ない。エロ切ない本というのは、お風呂場で読むのに決してふさわしくない。頭を洗っていても、心ここにあらず、といった感じで虚空を見つめている。頭がごわごわになってしまう。体をゆすいでシャワーを止めてもしばらくぼけっとし、湯冷めする。なんて事になるからだ。

それぐらい、「南くんの恋人」は切ない。始めから終わりまで。深く考えさせたり、感動的な漫画はたくさんあるけれど、ここまで「切ない」という漫画はそんなに思い当たらない。長く付き合ってちょっと倦怠期かな、なんて事をいっている人が読むと、相当くるのではないでしょうか。なんにもこなかったら倦怠期ではなく、別れる時期なのかもしれません。

2004年05月17日(月)

読書

Text by pushman