近づくXデー
2018年度 6回目の出猟

前日は雨が降っていたので出猟できるか不安だったが、起きてみるとすっかり止んでいた。雨が降るとキジが出やすいらしいので、今期はまだお目にかかっていないキジとの遭遇があるかもしれない。天気予報によると気温も上がらず肌寒い1日になるのそうなので、悩まされがちな畑仕事の人も少ないかもしれない。
こうして毎回なにかしら根拠を見つけては、期待を抱いて出猟しているが、獲物はまだない。

家を出ると今期1番の暖かさ。猟場は少し気温を感じたが、それでも暖かい。なんとなく不安になりながら、朝一番に行ったことがないすり鉢池に向かってみる。ここに行くには緩やかだが長い坂道を通らねばならずいつも息を切らして自転車に乗っているが、まだまだ体力があるので楽々到着。しかしカモはいなかった。とりあえずここで12回ポンプし、山中池に向かう。

道中の川沿いでは珍しくカルガモとヒドリガモを発見。撃てる場所ではない所でカモを目撃することが増えている気がする。先日購入した双眼鏡とiPhoneを利用した撮影が楽しいので、しばし観察と撮影。地元の人が通りかかったので挨拶。「カルガモが来るようになったねぇ」といった感じで、こちらが食欲混じりの目線で観察していることには気が付いていないようで一安心。

可猟区だが撃てない場所にいたカルガモ
発見したカルガモ。左にヒドリガモの番いがいる。距離は30〜35m。付近に家があるので人に慣れている雰囲気ではあるが、立ち止まると離れて行く。撮影はiPhone SE+双眼鏡(8×32)。

山中池に到着すると見たことがないカモらしき群れとオオバン1羽を発見。群れを双眼鏡で確認するが、光の当たり具合が微妙でよくわからない。しばらく観察しているとオシドリのように見える。そうすると今ここに狩猟鳥はいないことになるが、オシドリなら是非とも観察したいので、近づく練習もかねて移動開始。前日の雨で滑りやすく、ちょっと怖い。慎重に慎重に移動しているうちに群れはいなくなり、種類を確認することすらできなかった。案の定オオバンは悠々と佇んでいる。と思ったらオオバンではなくカモっぽい。慌てて双眼鏡で覗くと飛び立ってしまい、これもなんだかわからなかった。このカモっぽいのは最初の場所から見えない場所にいたのかもしれない。常に獲物の気配に注意していないとこういうことになる。

それにしても本当に判別は難しい。見たことがある鳥の種類が少ないこともあり、肉眼では「〇〇だ」と確信を持てることが少ない。双眼鏡でも見る角度によって色合いも違って見えるので、狩猟できない場所でもっと観察したくなってくる。

もう一度すり鉢池に行ってみたが、カモの姿はなかった。今期は毎回なにかしらのカモを見ていたので、ちょっと不安になりつつカル川に移動。途中、撃てない場所でカルガモに遭遇。撃たれないとわかっているので、かなり近づいても飛び立たない。可猟区に追い払いたい気持ちをぐっと抑えて観察と撮影を楽しんだ。

可猟区だが撃てない場所にいたカルガモの群れ
銃禁エリアの池にいたカルガモの群れ。距離は20mぐらい。最初の写真と比較するとかなり大きく見えている。遠ざかりはするが、飛び立つ気配はなかった。撮影はiPhone SE+双眼鏡(8×32)。

カル川には期待通りカルガモが8羽ほど。いつもどおり絶妙な位置に固まっているが、いくつかの狙撃場所は把握済み。群れに一番近い狙撃場所まで遠巻きに移動すると、2羽のカルガモが狙えそうな場所にいる。距離は30m前後。慌てずケースからエースハンターを取り出したつもりだが、過去最高に近づいていることで焦り、なかなか取り出せない。カルガモは当然気が付いて徐々に遠ざかって行く。膝射の姿勢を取るが、ヨシで視線が遮られる。立射には自信がないし、あまり目立ちたく無いと考え、中腰に近い姿勢でスコープを覗く。カルガモの進む先と速度、ドロップを考慮して、狙点を決定。引き金を引く。

カルガモと狙点
実際の猟場の写真ではないが、今回の状況に似た状況を合成で再現。右斜め下から左斜め上に泳いでいるので、狙点を進行方向の前方、ドロップを見越して頭の上に定めた

パンッと乾いた音の直後に「ドッ」という音。ペレットは頭の上を超えて川岸に着弾した模様。2羽に先行していた他のカモも一斉に飛び立ち、何度か旋回してから山の方に消えてしまった。この日はこれ以降カモを見かけることなく終了。

前回、現在のゼロイン距離を30mと見積もっていたのに、その日の初撃はレティクルの中心にしようと決意したのに、どちらも頭から消え去って招いた失敗なので大変悔しい。カル川で発砲したのは昨年と合わせて2回目。昨年は何度も撃つ前に飛ばれて悔しい思いをした。遭遇率は高いので、今期はここで是非とも獲りたい。昨年は発見して狙撃場所に移動してからポンプを始めていたので、その間に逃げられていたが、今年は事前の行動と近づくスキルも上がっている。実際今回は過去最高に距離を詰められた。そろそろ腸抜きや解体方法をおさらいして置いた方がよさそうだ。

狩猟 /

Text by pushman