最後の足掻き
2018年度 22回目(最後)の出猟

前回コガモを獲ったことが嬉しくてたまらない。結果を出せたことはもちろん、一気に経験値を得た感触がある。それが嬉しくてたまらない。
嬉しさを噛み締めていると、実際に獲った時の光景を思い出し、射撃の腕の悪さや、一連の失態が頭をよぎる。
「ああすべきだったかな」「こうしたらよかったのかも」などと逡巡していると、その考えを実行したくなり、結局猟期最終日も出猟してしまった。

3ヶ月通ったルートを同じ順番で巡回。山中池にはキンクロがいるので、まずはそいつを狙い、その後は畑中池、カル川でカルガモを狙う。先日久しぶりにマガモを見た池にもカルガモはいるだろうけれど、やはりマガモを狙いたい。昨年と雰囲気が変わってキジを見なかったキジ畑もようやくキジと遭遇したので、今回はじっくり念入りにボサを近づいて、なんとしても気づかれる前に発見したい。
うっかり者が猟期終了と勘違いして、高まっている警戒心を解いてくれていたら嬉しいのだけれど……。

などと都合のいいことばかりを考えていたが、結果は完全なる不発。最終日まで生き残っている賢明なカモやキジは、今日一日を乗り切れば平穏な日々が来ることをわかっているのか、姿を見せずに潜み続けることを選択したようだ。

コガモのメス
今回唯一遭遇したコガモのメス。獲りたい気持ちをグッと抑えて写真を撮ったのは、ここが銃禁エリアだったため。

ということで、今期は終了。22回出猟して、発砲すること30回。仕留めた獲物はカルガモ1羽、コガモ1羽。ひどい捕獲率だけれど、狩猟を始めた昨年は発砲3回、獲物0なので、少しは成長できたのだと思う。
自分で獲って食べる肉のおいしさと喜びを(少しだけど)味わえたし、「動物をこの手で殺して食べることができるのかな……」という不安もなくなったので、来期も無事故(自転車で転んだけど)無違反で楽しみ、狩猟をじっくりと楽しみ続けたい。

狩猟

Text by pushman

最新記事