獲物を狙う前にすべきこと
2018年度 17回目の出猟

今年7回目(通算20回目)の出猟でようやくカルガモ1羽を獲り、「これからじゃんじゃん獲っていろいろおいしくいただくぞ」と意気込んだのだが、自転車で転倒して指の太さが自分史上最大になったり(まだ太いまま)、スコープマウントがひん曲がるなどのトラブルに会い、未だ猟果はカルガモ1羽のみ。現実は厳しい。
獲れないのは仕方がないが、ここ最近は連日の厳しい寒さで猟場の池が凍りつき、獲物と遭遇する機会も激減。猟期も残り少なくなってカモ達の警戒心もかなり強く、厳しい日々が続いている。

猟場
大きな池でも日陰になりがちなところは凍っていることが多い。こういう状況はカモが隠れる場所がなくなるのであまり期待はできない気がする。

この日も大変寒く、最初に行った畑中池は完全に凍りついていたので即退却。山中池に移動するとここも一部凍っている。こりゃいないだろうと思っていると、オオバンらしきものプカプカ。最近は何もいない日が続いていたので、非狩猟鳥でも嬉しい。
オオバンを横目に奥の池に向かうと、せり出した枝の下から2羽のカルガモが飛び立っていく。久しぶりに自分の迂闊さに腹を立てているとオオバンも飛び立つ。その姿はどことなくカモっぽい……。
猟期も終わりに近づいて焦っているわりに、どうも確認がおろそかになっている。大反省。

最近まったく獲物を見なくなったすり鉢池に移動すると、キンクロハジロが1羽。狩猟鳥でも人気がないものはこの時期でも比較的のんびりしている。
過去にも何度か狙ったが(獲れなかったが)、おいしくないという声が多いのであまり積極的には狙っていない。この日も「キンクロか……」という気分になったが、とにかく経験を積みたいし、とりあえず自分で獲って喰って味見したくなったので本気で狙うことにした。

すり鉢池はその名の通り(もちろん仮名)すり鉢状になっているので、こちらの姿はほとんど丸見えで近づくのが大変難しい。いくらキンクロとはいえ人間がズンズン近づいてくると逃げられるので、キンクロが動き出さないギリギリまで近づいてレンジファインダーで測定。距離はエースハンターで狙える限界の80m。かなりドロップするはずなので狙点をかなり高く設定し発砲。しかし頭上を超えて着水。当然逃げられ、この日は終了。
収穫とは言えないが、着弾点をはっきり確認できたのはよかった。キンクロハジロの向こう側に着弾したので左右のブレはあまりなかったようだし、逃げたタイミングも着弾した直後だったので、80m離れていたら発砲音では逃げない場合もあるのかもしれない。

帰宅しながら「左右のブレはほとんどなかったな。あとは距離感さえしっかりすれば……」と意味のない満足感に浸っていると、はたと思い出した。80mまでは弾道計算ソフトを使って狙点をレティクルのどこにすればいいのか計算していたのだ。完璧に忘れていた。
そういえば構えた時の揺れを抑えるために、スリングを使った構えも練習しているのだが、猟場では一度も使ったことがないこと気がする……。
「キンクロかぁ……」と余裕をかましたつもりになっていたが、獲物を前にすると未だに浮き足立っていることをはっきりと自覚。逃げないうちに発砲しなければ獲れないが、練習したことすら思い出せない余裕の無さでは発砲しても中るわけがない。焦れば安全面の確認もおろそかになってしまうし、良いことはひとつもないので、これからは銃を構える前に一呼吸置くことをもっと意識したい。

狩猟

Text by pushman

最新記事