猟期終了間近に猟場を開拓
2018年度 18回目の出猟

「雨の日はキジが出やすい」という話はよく聞く。キジに限らず雨が降ると動物の気が緩むのか、こちらの気配を消してくれるのか、狩猟するのに悪い日ではないらしい。しかし雨の日に鉄砲担いで自転車に乗りたくはないので、雨の日の出猟経験はまだない。
この日の天気予報は曇り一時雨で、昼前から気温も上昇。ここ最近の極寒から久しぶりに解放されることもあり、久しぶりに「今日はやれるんじゃないか」という気分で出猟。前回同様、狩猟鳥獣なら味の評判なんて気にせず、積極的に狙い、今日こそ久しぶりに獲物を捕りたい。

山の中から見た太陽
山の中の猟場で一休み。こういう景色の中に居ると、自然と静謐な気分になって、貴重な時間を過ごしていると思える。

山中池に行くとキンクロハジロが1羽。近所の川には100羽近い群れがいるが、猟場ではポツンと1羽だけいることが少なくない。こちらに気が付くが警戒心が薄いのでまだ飛ばない。徐々に離れて行くので一旦退却して狙撃ポイントに移動。距離は80mで中てるのはかなり難しいが、流石にこれ以上近づかせてくれない。
覚悟を決めて狙いを定めようとすると、右奥方向に泳いで逃げる。遠ざかりつつ右に動く標的になかなか狙いを定められない。しかしこれ以上距離を取られる訳にもいかない。ヘッドショットが理想的だし、それにこだわっていたけれど、今回は「獲る」ことを優先して首の付け根から胴体あたりを狙点にし、引き金を引く。
着弾したのはキンクロハジロの左側。しかも手前。上下左右のぶれに加えて、泳ぐ速さと弾の速さのイメージが合っていなかった。こうした経験をもっと積まないと、動いている獲物を仕留められるようにはならないので、スコープで捉えて発砲できたことが大事になんだと自分を納得させる。

すり鉢池に移動すると、またキンクロハジロが1羽。すり鉢池はカモを発見するのが簡単な地形なのだが、その分こちらも見つかりやすく近づくのが難しい。根拠はないけれど、さっきの個体と同じ個体な気がする。とはいえ相手はキンクロハジロなので、80mまでは近づけるはず。
木の影に隠れながら近づき観察。そして狙撃ポイントに移動しようとすると、キンクロが一瞬こちらを見て飛び立ってしまった。まだ100mは離れていたので見つかっても大丈夫と思い込んで大胆にグングン近づきすぎた。心のどこかで、おいしくないと言われるカモは獲りたくないと思っているのかもしれない。

山中池でもポツリポツリと降り出していた雨。キンクロハジロに逃げられた頃から無視できないレベルになってきた。ある意味では念願だった雨の中での猟になるかと思ったけれど、10分程度で雨はすっかり止んだのでGoogle Mapで見つけておいた新たな猟場に向かう。
この池は大きいところでも50mしかない理想的なサイズで、雰囲気も大変良い。猟師が踏み固めたと思わしき、池を覗くためのルートもなんとなくできあがっていて、期待十分。水面をこっそり覗くと30m程先にカルガモ。その数4羽。
当然むこうもこちらに気がついて奥に向かって逃げていく。向かう先に遮蔽物もなく、距離は50mなので問題なく狙うことができる。前回の発砲時にいろいろ忘れていたことを思い出しながら銃を取り出すと、右前方のボサから物音。そして飛び立つ4羽のカルガモ。つられて奥に逃げていた4羽も飛び立ち、あっという間になにもいなくなってしまった。
どうやら最初に発見した4羽と逆側にもカルガモがいて、その4羽は逃げずに潜み続けていたらしい。銃を取り出すためにこちらが動いたので、我慢できずに飛び出したのかもしれない。20mぐらいの距離だったのに、最初に発見したカルガモばかり見て全く気がつかなかった。

大変悔しいが、今回はこれで終了。猟期も残すところ数日だけど、新しい猟場が開拓できたのは大変嬉しい。獲物と出会うと未だにアップアップしてしまうのはもう仕方がない。経験がなさすぎる。このままでは今期経験したことも猟期が終わればリセットされてしまいそうなので、獲物との出会いの頻度、そして獲物を仕留める経験を重ねておきたい。

狩猟

Text by pushman

最新記事