真夜中のプール
打ち上げ花火を下から見た少年の歌……なのかも

アルバム『俺たちのロックンロール』に収録されている曲で真っ先にひっかかったのは、シングルでも発売されている『真夜中のプール』でした。たしか歌詞カードも広げず、なにかの作業をしながら聴いていたと思うのですが、この曲が始まってしばらくしてからちょっとなにか落ち着かない感じがしたんです。歌詞カードを広げながら聴き直すと、鮮烈にある映像を思い出しました。
岩井俊二の最高傑作「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」です。
パクっているとかインスパイアされているとか言いたいんじゃなくて、繋がっている世界観が猛烈嬉しかったんです。なんでシングル発売の時に気付かないかなぁ、と自分にがっかりしたほどです。もちろん僕の勝手な解釈なんですけど。

『真夜中のプール』CDジャケット

昔の恋人が結婚するという話を聞いて、過ぎ去った過去を振り返る……という特にモチーフは目新しくないないんですが、良いです。やっぱり。それだけ普遍的にある情景なんでしょう。

昔好きだった人への想いは、ふとしたはずみで喚起されることがありますが、それは自分が過ごしてきた時間の重みや、その時にわからなかったことなど、いろんなことも引き連れてきます。そして、ただ静かにその想いと向き合っていると、だんだんと今すべき事、失ってはいけないものが見えてきます。
昔は「思い出に浸る」ことは後ろ向きな感じが強くて、なんとなく自分が弱い感じがしていたものですが、別に悪い事でもないんだな、と思えるようになりました。まあ自己正当化する力を身に付けただけかもしれませんけど。

真夜中に飛び込んだプールで
服のまんま泳いだ夏
君は覚えている?

真夜中のプール

『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』を好きな人なら、この歌詞から反射的に典道となずなの別れのシーンを思い出すはず。そして、なずなが結婚することを知った祐介が、典道にそのことを伝えたんだなと勝手に解釈して、より切ない気持ちになるはず。僕はなりました。そして、「なんで同じキャストでPV撮らないんだよ」と勝手に苛立ったりもしました。

もちろん全然関係ない作品(のはず)なんですが、片方の作品で描かかなかったことがもう片方に描かれているような関係になっているので、片方だけを好きな人にはぜひ残りの片方の作品にも触れて欲しいです。

真夜中のプール

斜に構えたり、カッコつけすぎたりしない、斉藤和義らしいストレートで優しい曲です。

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

この物語で「切ない」ということを心で理解できた気がします。

Update:

音楽

Text by pushman