獲れない理由を心で理解する
2018年度 20回目の出猟

猟期も残りわずか。あと何回も出猟できないのだから……と理由をつけては出猟して、今期20回目の出猟。早起きして出猟しても最近は獲物との出会いが少なく気力が持たないので、ゆっくり出猟して久しぶりに遅くまで粘ってみることにしてみた。
猟場には昼前に到着。先日キジを目撃した時間帯に近いので、キジ畑に向かう。しかし近くに散歩をしている人がいたのでそのまま通り過ぎ、先日見つけた池に目標変更。

カモが隠れる場所がある池
小さな池でもこのようにボサがあったり木の枝がせり出している箇所があれば、カモが隠れている可能性がある。ちなみにカルガモやマガモが池のど真ん中で悠々と泳いでいるのはあまり見たことがない。そういうカモは獲ってはいけない種類か、おいしくないと言われることが多いホシハジロやキンクロハジロ、ヒドリガモがほとんど。

この池は細長い三角形のような形で、一番奥でも50mとそう大きくはない。底辺側から確認すると一番奥の頂点、左辺の真ん中あたり、右側の頂点あたりにいるはず。前回カルガモを逃してしまったが、じっくり探索したので、こんな予想もできるようになり、ちょっとした自分の成長を感じられて嬉しい。
小ぶりな池はカモがいてもすぐに気づかれる可能性が高いので(前回は顔を出したらすでに逃げ始めていた)、今回は慎重に慎重に移動し、できるだけゆっくりと水面を覗く。
予想通り左辺の真ん中から奥の頂点手前にかけてカルガモが7〜8羽。思わず「よっしゃ!」と声をあげそうになるが、一旦頭を下げて、エースハンターを準備。前回はこの時に逃げられたので、しばらく顔を出すのを我慢。しかし、「……こうしている間に逃げられるのでは?」という疑念がよぎり1分ほどで頭を出すと、果たして奥の方にいたカルガモは頂点目指して泳ぎだしていた。幸い手前のカルガモは岸に上がってボケーっとしており気がついていない。しかもその距離30m。初めて仕留めたカルガモと同じ距離。

「これはいける!」

一呼吸置いて自分を落ち着け、スリングを左腕に巻きつけ、シャープ純正の4倍スコープを覗く。狙うべきカルガモにレティクルを合わせようとすると、少し左に綺麗な緑色をした頭のカルガモ……ではなくて、マガモ!

慌てて頭を下げて、再び自分を落ち着かせる。マガモもカルガモと同じぐらいの距離にいるが、位置や向きなどの関係で狙いやすいのはカルガモ。しかしマガモとカルガモが並んでいるなら、当然マガモを狙うだろう? 誰だってそーする。おれもそーする。

おそらく今期最後のマガモチャンス。舞い上がっているのを自覚しつつ、これ以上待っても落ち着けないし、気付かれる前に狙撃を決意。再びスリングを巻きつけボサ越しにマガモをスコープで捉える。
マガモはこちらから見て右向き、45度ぐらいこちらを向いて斜めに座っている。射角的に首の付け根あたりを狙うとペレットが身体に入ってしまいそうなので、狙うはヘッドショット。息を吸いながら狙いを定め、頭にレティクルの中心が入った瞬間引き金を引く。

パンッと乾いた音がして、一斉に飛び立つ周囲のカルガモ。もちろんマガモも驚いて飛び立つ。カスリもせずに外した。今までマガモを狙った時は遠距離だったので中らなくてもしょうがないと思えたが、今回は条件が良かっただけに失望も大きい。

一連の流れを反芻しながら山中池に移動。今日もキンクロハジロがいる。しかしマガモを逃した後なのでテンションは上がらない。キンクロも逃げない。しばらく周囲の状況を確認していると、キンクロの奥の木陰に怪しいシルエットを発見。すでにこちらに気がついて遠ざかっているカルガモだった。
慌てて距離を測ると70mを超えている。狙えなくはないが、さっきのミスを思えばもっと近くに、できれば50mまで距離を詰めたい。
この池は大きな細長い三角形で、底辺の真ん中から向かいの頂点までは100mを超える。頂点を挟む2つの辺の距離は最長で70m。カルガモは右辺にいるので、左辺に移動して狙うことにした。

しかし思ったように移動しようとすると、カルガモから姿を隠せない。移動を始めるとさすがにキンクロもそわそわしてカルガモの方に逃げていく。キンクロに追われるようにカルガモもより遠くに逃げる。おれだってそーするだろうし、カルガモだってそーするだろう。
距離を詰めるのも難しいが、枝が邪魔して射線を確保するのも難しい。あっち行きこっち行きするが、カルガモは巧みに距離をとり続ける。そうこうしているうちにカルガモを見失う大失態。絶対にまだいるはずなので、怪しいポイントを凝視するが見つけられない。飛んで逃げたのかと思ったが、過去の経験からまだ潜んでいると思い込むことにして探索を続ける。
20分経っても見つけられず、でも諦められず。さっき気になった怪しいポイントにしか隠れられないだろうと判断し、思い切ってそちらに向かって歩き出す。ポイントを凝視しながら歩き、対岸からの距離50mぐらいから双眼鏡で確認すると、カルガモの頭だけが飛び出している。「おった!」と思って立ち止まると、あっという間に全身が現れそのまま飛び去ってしまった。

この一連の攻防に関してはうまくこなせなかったが、やりきった感はある。今思えば初めからカルガモがいる側からゆっくり近づいていけば、カルガモは対岸目指して逃げ出していたかもしれないし、そこを狙えたかもしれない。こういうことは経験を重ねないとわからない。
キンクロはまだいたので、50mを超える遠距離射撃の経験を積むため、そして解体の経験を積むために狙ってみたけれど、中らず。前もって把握していた70m用の狙点を狙ったのに頭を超えて着弾。マウントは応急処置のままなので、スコープがずれているのかもしれない。

いつもなら帰宅方向に気持ちが向かうぐらい時間が経過していたけれど、マガモとカルガモに遭遇し、そして逃がしてしまったことで、やる気がみなぎっている。
根拠なく畑中池にカルガモがいる予感がしたので移動。なにも居ない……と思わせて確認ポイントから死角になる場所にいるはず!と信じて身を乗り出すと2羽のカルガモ。
大胆に覗いてしまったので当然カルガモもこちらに気がつくが、幸い逃げずにボサに逃げようと泳ぎだした。
一旦退却して準備しながら自分とカルガモを落ち着かせる。装填準備をして狙撃ポイントに戻る。距離は30m。数時間前に外した距離。狙ったところよりも少し上に着弾することもわかっている。今度は外さないし、外せない。
今回は横向きなので、首の付け根に中てたい。スコープの狂いを考慮して、水面より少し上に狙いを定める。引き金を引くと発砲音の後に鈍い音。カルガモを超えてバックストップに着弾。当然カルガモは飛び去っている。

その後も池や川をうろうろしたが、時間切れ。過去最多の捕獲機会を作りながら、全てのペレットがかすりもしなかった。
スコープマウントがおかしくなっているのは事実だけれど、射撃場でゼロインした時のことを思えば30mの距離を2回も外すほどおかしいとは思えない。
今まで獲物を逃がす度にいろんな要因をあれこれ考え悩んでいたけれど、ようやく単純明快な結論に辿り着いた。
どうやら僕は、射撃が、下手くそのようだ。
心は晴れ晴れしたが、少し哀しい気もする。とにかくこれからは道具を疑わず、しっかりと狙いを定めて引き金を引くことに集中することにして、残り少ない出猟でなんとしても獲物を仕留めたい。

狩猟

Text by pushman

最新記事