猟場での射撃の難しさを再確認
2018年度 5回目の出猟

狩猟をする日は朝が早い。日中は暖かくても朝は冷え込み始める時期なので、起きるのがつらい日もある。5回目の出猟の日は今期一番の冷え込みで家を出るのが辛かったが、猟場付近に近づくと霧が立ち込めて幻想的な雰囲気。狩猟をするときは非日常感が強いが、こういう状況になるとその度合いはさらに強くなり、なんとも言えない高揚感で満たされる。

猟場の風景
非日常を楽しめるのも狩猟の魅力の一つ。こういうところで一人のんびり待ち猟をしてみたいが、虫や獣が怖いのでしばらくは無理。

山中池に到着する頃には霧は晴れていたが、池から水蒸気が立ち上っている。こういう状況がカモにとって良いのか悪いのかわからないが、単純に隠れやすくなっているような気がするので期待は高まる。
今回もカモがいることを前提に行動。池の手前でエースハンターを12回ポンプし、音を立てないように注意しながら法面を上る。水蒸気で確認しにくいが、水面にカモの気配はないが、購入したての双眼鏡で念入りに確認。
今までの双眼鏡よりも明るく視界も広い。買って良かったと思いながら何度か繰り返して要注意ポイントを確認すると、ぼんやりとカモらしきシルエットが浮かび上がってきた。もう少し見やすい場所まで移動すると、はっきりとカモのシルエットを確認。大きさからおそらくマガモかカルガモ。どちらもこの池で見たことがあるので、撃てる場所を目指す。
カモに気づかれた気配があったが、経験上まだ飛び立たれる距離ではない。慌てず茂みに身を隠しながら近づいていく。一旦姿を確認するが、まだはっきりと判別できない。しかしカモははっきりとこちらを認識しているようで、かなりそわそわしている。と思ったらカモが飛び立ってしまった。

がっくりしながらすり鉢池に到着。カルガモが1羽。前回外した状況と同じような距離から発砲できれば失敗の一因がわかるので、是非とも撃ちたい。しかしこのカルガモもこちらにすぐに気がつき、まだ100m以上離れているのに飛び立つ。確実にカモの警戒心が上がっていることを痛感。距離感が掴めていないのに50m以内に近づけないとなると、かなり厳しい。

気分を変えて昨年よくカルガモがいた川(カル川と命名)に移動。今年も何度か見に来ていたが、この日初めてカルガモを発見。少し離れた場所にコガモもいる。早速カルガモに気づかれてしまうが、いそいそと泳いで川下に逃げたのでまだチャンスはある。
かなり距離をとって川上から狙える距離まで静かに近づく。チラチラと姿は見えるのだが、絶妙な位置に隠れている。狙えない。悶々としながら観察を続けていると、手前の大きな石だと思っていたものがもぞもぞと動き出す。カルガモを見落としていたかと思ったが、カモにしては大きすぎる。のんびり餌を食べているヌートリアだった。
「狩猟の魅力まるわかりフォーラム」で聞いたところによると、ヌートリアの味は生息している水の状態に左右されるらしい。ここはきれいな水なので期待できる。しかし、そのヌートリアはあまりにでかく、エースハンター5.5mmで仕留められるのか不安になる。哺乳類を捌いたことがないので、仕留めたとしてもその後に処理などを考えているうちに、撃つ気がなくなってしまった。

気を取り直して本命のカルガモを探すが、かなり奥まったところに逃げていた。一旦土手に上がってカルガモを追うが、土手からでは姿を確認できないので地形を確認しつつ隠れている場所を探す。こうなると完全にカモが有利で、大抵やり過ごしてから飛び立つ。わかっているのに今回もやり過ごされて逃してしまった。ちなみに川にいるカモは下流や上流に逃げることがあるので、飛ばれてもしっかりと行き先を確認することが重要。(今回は戻ってこなかった)

コガモの群れ
銃を撃てない場所にいたコガモの群れ。光の加減で頭の緑色が確認しにくいことがあるが、体が小さいので比較的判別しやすい。撮影はiPhone SE+双眼鏡(8×32)。

来た道を引き返しながらヌートリアの痕跡を探していると、ガサガサと音がする。小さなヌートリアかと思ったが、イタチ。好奇心旺盛でじっとこちらを見てくる。イタチを食べたいとはまだ思わないし、オスとメスの判別が難しいのでまだ撃てないし、撃つ気にならない。いずれ皮を鞣せるようになったら撃ちたくなると思うので、しっかり判別できるようにしておきたい。

この日は日中の気温が上がったためか時期的なものなのか、とにかく人が多くて疲れてしまった。ヘトヘトになりながら最後にすり鉢池を再確認。ポンプしてから確認すると、カルガモとヒドリガモ。どちらも2羽ずつ。こちらに気がついているが、諦めずできるだけこっそり近づく。カルガモが羽を広げて警戒しているので、射撃体勢に入る。距離が不確かなのでレティクルの中心に捉えて引き金を引くと、かなり手前に着弾。当然カモはいなくなるが、着弾点をはっきり確認できたことはかなりの収穫。再び同じ位置からスコープを覗いて着弾点がレティクルの中心からどれだけずれているか確認。歩いて距離を測ってみると約50m前後。10月末に50mでゼロインしているので、今はレティクルの中心を狙ってもかなり下に着弾していることがわかった。
はっきりとした原因はわからないが、8月と10月でも50mで4cmドロップしていたので、おそらく気温の差が影響していると思う。10m毎の狙点はわかっているので、今はどの距離でもレティクルの中心に着弾せず、30〜40mで最も中心に近づくと思われる。つまりどの距離であってもレティクルの中心より上に着弾することはないはず。しかしまだまだ暖かい日が続いているし、これから気温が下がることを考えるとさらに狙点を上にする必要があるはず。何もない場所を撃つのはなかなか勇気がいるので、ポンプ回数を13〜14回にしてみたい気もする。結局コンディションは日によって違うので、本当は出猟する度にゼロイン調整できればいいのだが、猟場でそれはできないのでこればかりはしょうがない。とりあえず狙点の基準ができたので、次回に活かしたい。

『山賊ダイアリー』の1巻で主人公が空気銃で水面のカモを仕留めることの難しさを説明し、結論として「要するに勘で撃ちます」と書いている。「そんなんでいいのかよ」と思ったが、距離の測定や風向きやカモの移動速度などなど、猟場での射撃は不確定要素が多すぎる。それらを総合的に判断するのは、やはり“勘”と呼ばれるような能力なのかもしれない。とにかくこれからはその日の獲物へのアプローチは特に慎重に行い、基準をたくさん作り、勘を鍛える経験を積みたいと思う。

ヒドリガモ
銃を撃てない場所で発見したヒドリガモ。あと4羽ほどいたけど、写真を取ろうとしたら逃げてしまい、この1羽だけが残ってくれた。『山賊ダイアリー』でまずいと言われていたので、マガモ、カルガモ、コガモを食べてから狙いたい。撮影はiPhone SE+双眼鏡(8×32)。

狩猟 /

Text by pushman