のだめカンタービレキャラクターBOOK
クラシック入門漫画をより楽しむ

一週間前にどっぷりとはまってしまった『のだめカンタービレ』ですが、その時にこの『のだめカンタービレ キャラクターBOOK』もちらっと読ませてもらったんですよね。で、その時は「この本は別に買うことはあるまい」と思ったのですが、気付いたら買っちゃってました。特典のしおりが「モジャモジャ」だったことを除けば、買ってよかったです。いや、真澄ちゃんも好きですけどね。やはりのだめが欲しかったなと。

内容ですが、題名どおりキャラクターの詳細な情報が掲載されています。あとおまけの4コマ漫画とか、のだめ語活用テキストとか。のだめファンなら買って当然ですね。

この本、クラシック音楽を知らない僕でも楽しめるように、オーケストラの解説とか、作中で演奏された曲の特徴なんかを、プロ演奏家さんによる解説で掲載していて、単なるキャラクターブックでは終らない、とても親切な作りになっています。

あとは、千秋のレシピがあったり、裏軒のメニュー公開などもあります。たしかに裏軒ってメセナ活動してますね。なんかおもろい。そうそう、フランス語講座もありました。まあ「のだめ」をおもしろいと思う人は、クラシック音楽ネタとかいろんな背景がわかるので、読んだ方がのちのちまで楽しめるのではないでしょうか。つうか猛烈におすすめします。いまならまだしおり付きも残っているでしょう。

しかし、のだめ、Dカップだったんだ…千秋は181cmで結構、つうか普通にでかいな。なんて風に麦酒飲んでニヤニヤしながら読んでるわけですが、ふと「大丈夫か? 俺!」と叫びそうになりつつ、実際は「ギャブー」とか言ってる自分がとても不安です…

というわけで、今日はやっと自分専用の「のだめ」を大人買いしたことだし、「Selection CD」聴きながら読もうかなと。

2005年12月03日(土)

読書

Text by pushman