壊色
町田康の原点

とても親切な方から『壊色』を頂きました。しかも1993年出版の初版です。と思ったら文庫判より内容が少ないのですね。でも、豪華だからいいです。負け惜しみではなく。
『きれぎれ』でなにかの賞を受賞して広く有名になる前の本です。町田町蔵=町田康ですね、念のため。「第1章 天丼ゆうてる」「第2章 うどん玉・バカンス・うどん」は短編小説っぽい。「第3章 また時間どおりに来やがらぬ」はエッセイと言うか、日記? 町田康公式ページの日記に近いです。「第4章 『唱歌注解』全アジアの女性たちよ」は童謡などの歌詞を勝手に読み替え、ちょっとしたお話を創作しています。

僕は常々「電車で町田康の本は読んではいけない。なぜなら笑いをこらえるのは相当な努力を必要とし、その努力は報われないから」と書いています、今回自分でその警告を無視した結果、僕を見て笑っている人と目が合い、それでもにやついてしまうという、とても恥ずかしく悔しい経験をしてしまいました。

11年前の本ですので、今の町田康から比べると相当荒いのですが、そのリズム感、空気感は変わっていません。文体に関してもほとんどかわりませんが、まだこの頃の方が読みやすいかも。ただ、内容自体が混濁していて、そういう意味では読みにくいかもしれません。ホントに意味のわからないものも少なくありません。でも、町田康としてのデビュー作『くっすん大黒』をはじめ、その後の作品に通ずるテーマや表現(はら振り、ガラスのバリ取りとか)がちりばめられていて、この作品を精製していって物語を創っていく事になったのかなぁ、などと想像してしまいました。

個人的には第1章、第2章の短編よりも、第3章の日記と第4章の歌の読み替えが好きです。特に、第4章の「うさぎのだんす」「もりのおんがくか」はやばかったです。というか電車内ではずかしげもなく満面の笑みをたたえることが出来たのはこの2作品のおかげです……。

2004年07月30日(金)

読書 /

Text by pushman