MONSTER
負けない人間との戦い

最近歯磨きをしながら『MONSTER』を読み直していたのですが、休みに入ったので一気に読破してしまいました。通して読み直したのはおそらく3回目ぐらいだと思うのですが、友人とよく話したり、まだ読んでない人を見つけると相当な熱意を持っておすすめしていたので、重要な部分は結構覚えていました。でも、人にすすめたり、感想を言ってるうちに僕の感想自体が物語になっていったと言うか、変な思い込みが出来ていた事に今回気付かされました。

ドイツ・アイスラー記念病院に勤務する日本人医師・天馬賢三は、瀕死の重傷を負った双子の一人・ヨハンという名の少年の命を救う。同時期に入院したデュッセルドルフ市長の執刀をそのため拒否した彼は、市長の死の責任を問われ政治的に窮地に。だが院長ら上層部の怪死で逆に外科部長に出世する。その9年後、失踪したあのヨハンが現われ、院長らを殺害したのは自分だと告白する。天馬は無実の罪で追われながら、ヨハンを追跡する。

MONSTER

僕の周囲にも『MONSTER』を好き、浦沢直樹さんの作品を好きな人は多いのですが、大人気になったためか、「おもしろい」と言いきる人はあまりいません。もっとも多いのは「おもしろい。でも、話を引っ張りすぎ」という意見です。「人気が出すぎたので連載を終わらせられなかったのではないか?」と邪推したくなっちゃううんですね。僕もそう思っていました。テンマとヨハンが最接近する9巻あたりで終わるとちょうど良い感じだなぁと思ってました。でも物語は18巻まで続いています。

で、今回読み直し始めたときも「9巻あたりで終わるといいなぁ、と思うだろうなぁ」と思いなが読んでいたのですが、7巻から18巻まで一気に読んじゃって、そんなことちっとも感じませんでした。それどころか、今までで一番おもしろく読めました。正直に言いますと、今まではラストの意味、もっと言うとこの物語の芯の部分を理解していなかったように思います。今でも巧く説明はできませんが、なんかこう、見えた、というのが一番しっくりくる表現です。そう、僕にも「終わりの風景」が見えたんです……というのは言ってみたかったから言っただけです、すみません。でも、最終巻を読んでいて、以前は触れられなかったものに触れた、という感覚をひしひしと感じたのは事実です。物語との距離は確実に縮まったと思います。

絶対悪という圧倒的な悪というか、とにかく悪と対峙する物語では歯の浮くセリフが満載されがちです。『MONSTER』にもふんだんに出てきます。でもねー、これが許せるんですよ。というか、そこまで追いつめられてもそんな甘っちょろい事言ってるヤツァすげえなと思うのです。モラルというか常識、想像力が著しく欠落している方々が世の中を大きな顔で歩き回っていますが、そんな人が増えたのも、歯の浮くセリフを徹底的にバカにしてきた報いかなと、ふと思ったり。6巻の真ん中辺りで、殺されかけた裏社会の実力者が、忘れていた食卓に招かれて過去を語るシーンがあるのですが、ここは相当な名場面です。

食卓だな……

これが、食卓というものだ…

俺は……
金を儲けるためならなんでもやった…

俺は……金を手に入れて、何がやりたかったんだ……

〜中略〜

ただこういう食卓が、欲しかっただけなのに…

『MONSTER』第6巻

そしてその後、最後の身内を失った彼は、同じように食卓を忘れた女性と二人で静かな食卓を囲みます。自分がぎりぎりのところで失ってしまったものを、その女性には失わせまいと。……甘いとは思うんですよ、基本的には。でもね、真実だよなぁとも思うんです。僕はどっちかっつうと性善説を支持しますし、支持したいので。
どんな夢も「おもしろく生きたい」「楽しく生きたい」という素朴な希望が根っこにあって、その夢を支えていると思うのですが、いつから歪んでしまうことは少なくないんだろうなぁ、なんてことを考えてしまいました。そしてこの物語の核には、そもそも夢や希望を持つことを想像すらできなくなった……というか、夢や希望の概念を持たせてもらえなかった人間がいます。そういう人間と、夢や希望を持つ人間の戦いが描かれているのかなと思いました。戦いの結果もこの物語に描かれている気がするのが、たまらんです。

この物語の後日譚が、事件のレポートという形で出版されています。読んでも読まなくてもすっとしないのは同じですが、作者の遊びと仕掛けにはまれます。

2004年07月27日(火)

読書

Text by pushman