ぼくが猫語を話せるわけ
猫はひたすら甘やかすべき

猫語を話したくなったので『ぼくが猫語を話せるわけ』を読みました。ところが猫語入門書でもなんでもなく、庄司薫さんと愛猫「タンク・タンクロー」の日常をつづった猫エッセイでした。

仕事中であろうが何をしていようがタンクが鳴くと、「いやー、まいったまいった」とすぐに手を止めてタンクをかわいがる庄司さん。元の飼い主でもある奥さんは、「もっと厳しくしてください」とお願いしますが、庄司さんはそんな叱責にへこたれず根気よく相手をし続けます。
奥さんも徐々にタンクへの接し方が柔らかくなり、気難しい猫であったタンクも素直でかわいい年寄猫へと変化。実際に猫を飼っている方はわかると思いますが、猫はほんとに気難しいです。歳をとっていたらなおさら。年寄り猫をかわいくするなんて相当猛烈すごいと思います。やはり猫を飼うなら徹底的にあまやかして、かわいがってあげるべきなんですね。

『僕が猫語を話せるわけ』文庫本

他にはご飯の好き嫌いが激しい猫にも簡単に食べさせられる方法が書いてあったり、猫好きにはありがたい情報も書かれています。
「猫語を理解できる日もそう遠くはないかもなぁ」と思わせてくれる素敵なエッセイです。

ペットは、ただひたすら甘やかすためだけに飼うのです。

『ぼくが猫語を話せるわけ』

ぼくが猫語を話せるわけ

Update:

読書

Text by pushman