Value DomainでGoogle Apps
よく見るValue Domainの設定画面と違う場合

XREA+のメールがどうにも信用できないので、Google Appsに乗り換えました。が、DNSの設定を大間違いし、メールはおろかウェブサイトにもアクセスできない事態を招いてしまいました。その時間帯にアクセスされた方には大変ご迷惑おかけしました。
ということで、自戒の念を込めて設定メモ。

Value Domainにログインするとメニューが表示されますので、「ドメイン操作」項目の「DNSレコード/URL転送の変更」をクリックします。

「Value Domain」設定画面

管理されているドメインの一覧が表示されますので、変更したいドメインにチェックをいれて「変更」ボタンを押します。

DNSの設定画面が表示されますが、「value domain google apps」といった単語で検索すると解説サイトがたくさん見つかるのですが、どれも僕が見ている管理画面とは違うんですよね。なんか大きなテキストボックスに改行区切りで設定を入力するような事書いているのですが、僕の借りているサーバーが古いためか、複数のテキストエリアが表示されているのです。それで「???」となって、いろいろ試しているうちにおかしくなってしまったわけです。

各解説サイトをちゃんと読み直して意味を理解してから、ホスト名「www」や「blog」を指定し、メールサーバーの設定を下記設定に変更する事で、独自ドメインのメールアドレスをGmailで使うことができる様になりました。

ホスト名 ターゲット タイプ MX設定
@ aspmx.l.google.com. MX 10
@ alt1.aspmx.l.google.com. MX 20
@ alt2.aspmx.l.google.com. MX 30
@ aspmx2.googlemail.com. MX 40
@ aspmx3.googlemail.com. MX 50
@ aspmx4.googlemail.com. MX 60
@ aspmx5.googlemail.com. MX 70
@ v=spf1 include:aspmx.googlemail.com ~all TXT 10

それぞれの意味は……ご自身で調べた方が絶対いいです。でないと僕の様にサイトにアクセスできなくなったりする事になります。とにかく、検索して答えのようなものを見つけても、よく調べて考えて実行しないといけませんね。

Update:

Tips

Text by pushman