MSS-20でスキート射撃
散弾の狙い方を把握する

昨年MSS-20でヒドリガモを獲った。その時までMSS-20で散弾を撃ったことがなく、どうやって狙えばいいのかわかっていなかった。
猟期が終わってからMSS-20でトラップ射撃をやってみると、クレーが割れても割ったという感覚はまったく持てなかった。どこでどう狙えばいいのか、さっぱりわかっていないからだ。

今期はMSS-20で単独忍び猟にも本格的に挑戦する予定で、その猟場予定地にはヤマドリもいることがわかっている。ヤマドリと遭遇した時に、「何かわからんがくらえッ!」と狙うわけにはいかないので、散弾でもちゃんと狙うべき基準を知る必要がある。
そもそもMSS-20は「散弾銃」として所持しているので、原則的に*1技能講習はクレー射撃で受講しなければならないし、クレー射撃をできるようにならないといけない。

ということで、スコープをつけたMSS-20でどこでどう狙えばいいのか知るために、みっちりとクレー射撃の練習をすることにした。

MSS-20でスキート射撃

クレー射撃にスコープが有利なのか不利なのか知らないけれど、一般的にはスコープはいらない。はっきり言って、邪魔だ。でも、出猟中は絶対にスコープをつけているので、クレー射撃をするときもスコープはつけたままにしている。
僕のスコープは1-6倍なので、1倍に設定すればスコープが無い状態にかなり近いと言えるし、スコープ越しに照星は見えているので、無茶なことをしているとも思えない。めちゃくちゃ邪魔だけど。

先輩猟師や射撃場の方に相談すると、7番射台のマークを延々と練習することをおすすめされた。とはいえスキート射撃自体が初めてなので、なんのことやらさっぱりわからない。
基本的なルールを教わり、7番のマークとは「一番右の射台で、自分の後ろから放出されるクレーを狙う」ということがわかった。

1倍にしたスコープの視界
実際の視界とは少し違うけれど、1倍にした視界はこんな感じ。銃身、照星はしっかりと視界に入っている。レンズの橋は像が歪んで実像とずれているけど、大きさは概ね同じ。

射台に立ってスコープを覗き、センターポールの上付近に狙いを定める*2。放出されたクレーを捕捉し、照星の上にクレーを乗せるような感じにして引き金を引く。クレーは割れなかった。でも、射撃練習として7番射台をお勧めされた理由はわかった気がした。
7番(と1番)はクレーの放出口が自分の真後ろにあるので、放出口が自分より前にあるトラップ射撃よりもクレーとの距離が近い。左右の動きもほとんど無いので、狙いとクレーの位置関係を把握しやすいと感じた。

念のため何度か同じ場所で狙いを定め、狙点はここではないことを確認して、狙いをレティクルの中心に変更する。クレーはきれいに割れた。何度か同じようにレティクルの中心にクレーを置いて引き金を引く。クレーが割れる……を繰り返し、ようやく散弾の狙い方がわかった。
僕のMSS-20とスコープは50mでゼロインしている。この状態で約20m先の目標物を散弾を撃つ場合、レティクルの中心で狙えば良いということだ。

ある程度狙い方がわかったので、シングルのみで1番射台から順番に回らせてもらう。1番、7番以外は横の動きが加わるので難易度は上がるけれど、今までと違って狙うべき場所はわかっているので、外した理由がわかってくる。理由がわかれば補正もできるので、1番と7番以外の射台でもクレーを割れるようになった。

勢いで国際トラップに再挑戦。以前はただただ鉛弾を撒き散らしていただけだったけれど、ちゃんと狙えるようになった……はずが、なかなか中らない。スキートと違ってトラップは放出口が15m先にあるので、引き金を引く頃には20m以上の距離になっているのが原因だと思う。
ということは、レティクルの中心よりも下で狙えばいいはず……と現場で考えることができれば良かったのだけど。

一発50円ぐらいの弾をバカスカ撃って散財したのは痛いけれど、その甲斐あってスコープを載せたMSS-20で散弾を撃つ場合の狙点がわかった。外した原因を考察できるようにもなった。
これで確信を持って飛んでいる鳥を狙うことができる。とてもうれしいし、楽しみだ。

Update:

狩猟

Text by pushman