獲物の気配が薄い日々
2018年度 10回目の出猟

前回の出猟ではコガモを(いつものように)撃ち損じ、ようやく(渋々)レンジファインダーの購入を決意。動作確認を兼ね、射撃場でスコープ調整を行い、弾道も確認。各距離の狙点も調べ、今まで中らなくて当然の状態だったことを理解。
銃の性能は十分であることを確認し、やるべき調整も完了。知るべき情報も把握したので、過去最高に獲れる予感に満ちた状態で出猟した。

猟師を惑わす測量計
何も写っていないように見えるが、キジというか測量計が写っている。こんな写真を撮るしかないぐらい獲物の気配がない。

今回は久しぶりにカル川から廻ってみる。ここは昨年、ほぼ確実にカルガモを見ていたのだが、下流の方で護岸工事が始まったことが影響しているのか、ちょっと川の雰囲気が変わっている。それでも猟期前半はちゃんとカルガモがいたのだが(もちろん獲れなかった)、最近はいないし、いても数が少ない。結局今回もいなかった。
続いて畑中池、高台池などを廻るがなにもいない。いないだけでなく、なんというか気配がしない。そこそこ暖かい日だったのでそれも関係しているかもしれないが、先日は極寒だったのにカモがほとんどいなかった。猟期に入って1ヶ月経つのでカモ達の警戒心も強くなっているだろうし、安全地帯を認識しはじめたのかもしれない。そう考えると今まで廻っている池にはいなくて当然かもしれない。
ということで、車では入りにくそうな池を中心に調べてみたが、大きすぎる池だったり工事が行われていたりで空振り続き。

一度も獲物を見ないで帰るのは癪なので、今猟期で一番カモを見かけている山中池に向かう。いつものようにこっそりと水面を覗くと、霧というか水面から水蒸気が立ち込め何も見えない。だからこそカモが潜んでいる気がする。
念入りに双眼鏡を覗くが、見えないものは見えない。でもやはり気配を感じる。しばらく思案したが霧が晴れる気配がないので、いつも以上に注意して池の周囲を調べる。ただでさえ木が茂っていて水面を確認しづらいのに、霧で数メートル先も見えない。
「こんな状況では見つけたところで撃てないな」と思っていると、水面に波紋。大きさとしっかりと波立っていることから、葉っぱや水滴が落ちたわけではなさそう。一旦後退するが、木が邪魔で水面が見えない。波紋が立った場所に対して90度の角度から確認できる場所に移動すると、2羽のカルガモが飛び立ってしまった。いるのは確実なのだから、退却してから少し間を開けて行動するべきだったかもしれない。

せっかくレンジファインダーを購入して色々調整したのに、獲物との距離を測ることができない。仕方がないので、「撃てるポイントに近づきにくい」「獲れても回収しにくそう」な池に足を運んでみる。
水面を覗くと何もいないように見えたが、よくみるとカモらしきシルエットがたくさん。体が白っぽいのでどうせホシハジロだろうと思って双眼鏡で覗くと、マガモ。しかもオスメス合わせて20羽ぐらいいる。これだけの群れは初めて見るので久しぶりに興奮。しかし、やっぱり隠れて近づく手立てがない。おまけにマガモはこちらに気づいており、ぐんぐん離れていく。もう撃つことは諦め、せめて写真を撮ろうと思いこっそり近づいていこうとすると、一斉にマガモ達は飛び立ってしまった。5羽のホシハジロは羽ばたいてはいるものの飛び立たない。飛ぶのが面倒くさいのか結局対岸まで羽ばたきながら泳いで逃げていた。

マガモは他のカモより警戒心が強いと思っていたが、それがはっきりわかった。次にマガモを見つけたら、慌てず一度身を隠し、遠巻きに近づいた方がよさそう。50m以上だと撃っても中てるのは難しいので、50m以内に近づくことを目標に行動しよう。……と思ったところで、この池には獲物との距離を測る練習をするために来たことを思い出す。「獲物が捕れそう」という予感を現実のものとするために、まずはこのうっかりミスを無くそうと意識しないといけない。

マガモとホシハジロの群れ
近寄りづらい場所の池にいたマガモとホシハジロの群れ。日陰にいるので肉眼では確認しづらかったが、双眼鏡でみるとはっきり見える。買って良かった。

狩猟

Text by pushman