タイラバの自作
増やせる釣りの楽しみ

2018年10月06日(土)

釣り / /

Text by pushman

釣りデビューで体験したタイラバ。初回は全て借り物だったので2回目は自分で専用ロッドやリールを用意し、タイラバも色違い、重さ違いで合計6つほど購入しました。結果まずまずの釣果を得ることができましたが、その日たくさんいたタチウオにラインを切られること4回。ひとつ1,000円以上したのでなかなかの痛手です。ということで、3回目の釣行に向けてタイラバを自作してみました。

完成した自作のタイラバ

タイラバの仕掛けはオモリ、ネクタイ、スカート、そして針で構成されています。このうち最も重要なのはネクタイと魚を描ける針です。針は自作できないので市販品を買いますが、ここはあまりケチらず良い針を買った方がいいです。他の完成度がどれだけ高くても針に掛からなければ釣れませんから。ということで、自作で節約できるものはオモリ、ネクタイ、スカートになります。

オモリは鯛玉オモリ、梶付オモリなどを利用される方が多いようですが、遊動式にできるのであればなんでもいいのではないかと思います。僕はなんとなく水流をどうにか活用しそうな雰囲気の梶付きオモリを選びました。単価を下げるために18号、20号、25号を各1kg単位で購入。それぞれ15個、14個、11個入りでしばらくオモリに困ることはなさそうです。塗装はなしでも釣果に影響はないそうですし、僕もなんとなくそう思うのですが、それが原因で釣れない場合に激しく後悔することになるのでいくつか塗装することにしました。

塗装中のオモリ
ダンボールに支柱を挿して作った塗装ボックス。仕上げのウレタンコートは針金に吊るしたままドブ漬けにできます。固まれば穴の粗さも塞げるので、ライン保護のためにこれだけやっておいてもいいと思います。

こういうのに凝りだすと本来の目的を忘れて没頭してしまう性格なので、できるだけ手間とコストを掛けないようにいくつかの塗り方を試しました。きちんと下地を塗ってからスプレー塗装をすると仕上がりは綺麗ですが、かける手間とのバランスは下地なしで直接油性マジックを塗ってウレタンコートで保護したものがちょうど良く感じました。結局塗装は不要という結論になりそうですが。

市販のオモリと塗装済みのオモリ
左上の3つは市販のオモリ。残りは購入した梶付きオモリ。右上はなにも加工していないものと、ウレタンコートのみ。触らないと違いはわかりません。メタリックな色味のものは下地なしでスプレーや油性マジックで塗りました。ついでにホログラムシールや目玉シールを貼ったり。釣果に影響はなさそうですが、楽しいです。

次は最も重要なもうひとつのパーツ、ネクタイ。これもいろんな素材で作られています。僕が利用したのは100均のシリコンマット、ゴム風船(バルーンアート用)、ポテチ袋と同じアルミ蒸着された袋の3つです。
シリコンマットは丸型のものしかなかったのですが、それでもかなりの数を切り出せます。ネクタイにできない部分はスカートに流用したり、カーリー型に切り出すのもいいと思います。色は蛍光ピンクと蛍光グーリンなので、もうちょっと濃い色が欲しくなります。そこでゴム風船なのですが、これはちょっと加工が難しい、とまでは言いませんが、切りにくいので結構面倒です。バルーンアート用の細長いものなので、2つ切り出せます。色はいい感じなのですが、切った後丸まってしまうのでがちょっと不安です。水の中でうまい具合に動いてくれれば問題ないのですが。アルミ蒸着された袋は加工も楽ですし切った後もしっかりとしています。ただ、市販のタイラバにないタイプなのが不安です。気休めにマジックで色を塗ってみました。アピール力はあると思うので使うのが楽しみです。元が“ゴミ”というのが楽しい。

最後にスカート。これはほぼ不要と結論付けられているようですが、見た目がちょっと寂しいので作ることにしました。材料はカラー輪ゴム、シリコンマット(ネクタイ作成時に出た端材)、ティンセル、アルミ蒸着袋、手芸用シリコンゴム。
真っ先に使用した輪ゴムですが、市販のタイラバスカートと比べるとちょっと太かったです。もうちょっと細めのカラー輪ゴムがあれば一番楽だと思います。市販のものと同じような雰囲気にしたくて、黒マジックでボーダーにしました。シリコンマットも細く切るだけなので楽でした。ティンセルはちょっと扱いづらく感じたので、もう使うことはないです。同じくアルミ蒸着袋もスカートとして固すぎる気がするので、これももう使わないと思います。ブレスレットなどに使用する手芸用シリコンゴムが一番楽に扱えました。無色透明なのでマジック等で着色してもいいかもしれません。

針のサイズは11号と13号を用意。シーハンターの10号を外掛け結びでぐっと締め上げ完成。圧縮チューブや接着剤は面倒なので使用していません。これで解けたり切られることが多ければ使ってみようと思います。最後のエイトノットで段差をつけます。この段差で微妙に釣果に影響がある気がしたので、いくつかのパターンを作りました。

完成したネクタイと針
切り出したネクタイとスカートをまとめたものと、針。エイトノットの結び目の位置やふたつの針の段差は釣果に影響ありそうです。

せっかく自作したので現場で手早く交換して試行錯誤できるように、ネクタイとスカートのみまとめ、あとはそれぞれ交換できるようにしました。参考にしたのは「セブンスライド」。ネクタイとスカート、ボールペンの芯みたいに中空で硬めのパイプをまとめてゴム管などに通します。穴は大きい方が作業しやすいですが、針をまとめたエイトノットの結び目よりは小さくしましょう。中空のパイプは専用のものが販売されていますし、ボールペンの芯などで代用もできます。自作する際は両端をライターで炙ってゴム管から抜けにくくした方がいいと思います。

塗料など含めて総額7,383円。40個あるのでひとつあたり約185円。市販のタイラバよりぐっとお安い。手間はそれほどかからないので、これで釣果が変わらなければかなりおすすめです。釣果が落ちたとしても自分で作るといろいろ気づくこともありますし、考えながら作るのは楽しいものです。想像通り釣れなかったとしても、考えたことは無駄にはならず次の制作に活かせるので、いずれは釣れるタイラバを自作できると思います。

追記:
オリジナルタイラバをひっさげて3回目のタイラバに挑みましたが、アタリもない完全なるボウズ。海が荒れておりネクタイやオモリを交換する気力がなくなるほど船酔いしていたので、なんにも検証できませんでした。ボート釣りはしばらくいけなさそうなので、来シーズンリベンジしたいと思います。