ハウルの動く城
ジブリ作品にしては不完全燃焼

お正月にやっと見ることができた『ハウルの動く城』。なんだかんだ言っても日本を代表する映像作家の一人ですので、是非とも劇場の大スクリーン・大音響で見たかったのですが、自慢のホームシアターシステムのおかげでなかなかの迫力で鑑賞できました。

宮崎駿監督の作品はどれも退屈しないですね。たとえ好きにならなくても、濃密な2時間を過ごした満足感はあります。緊張と緩和のタイミングが絶妙で、心地良いリズムが変化しながら続いてとても気持ちいいです。
とはいえこの物語は好きだしおもしろいと思うんですけど、「もう一度観たい」とは思わないですね。決定的に「わくわくさせる」感が欠けているような気がします。例えば『天空の城ラピュタ』『カリオストロの城』みたいな。
おもしろい物語はきっかけさえあればセリフやシーンについて、あーだこーだといつまでも話し続けることができますが、この物語ではそういうことにならなさそうな感じです。とかいいつつ、ハウルの弟子の男の子、マルクルの来客対応時の決まりごと「待たれよ」はかなり気に入ってますけど(笑)。思わず家でも使ってしまいそうです。

いまいち好きになれない原因は、最近のジブリ作品のメッセージ性の強さもあると思います。『千と千尋の神隠し』までは物語のおもしろさとメッセージが絶妙なバランスだったと思いますが、この物語は単純に楽しもうとするとメッセージ性がちらちら気になり、でも掘り下げて観ようとまでは思えないのです。こちらが勝手に「メッセージがあるよ」というあざとさを感じているだけかもしれませんが。

なんか批判的な感想になってしまいましたが、ほんとにおもしろいとは思ったんです。どうせ作り話なんだから、楽しむ事ができるだけで素晴らしい物語なんですよね。そこに意味を見出すのは、観る側の勝手なんでした。

映画

Text by pushman

最新の記事

Associates Link Builderで情報が表示されない
行儀よくない解決方法

お正月にやっと見ることができた『ハウルの動く城』。なんだかんだ言っても日本を代表する映像作家の一人ですので、是非とも劇場の大スクリーン・大音響で見たかったのですが、自慢のホームシアターシステムのおかげでなかなかの迫力で鑑賞できました。 宮崎駿監督の作品はどれも退屈しないですね。たとえ好きにならなくても、濃密な2時間を過ごした満足感はあります。緊張と緩和のタイミングが絶妙で、心地良いリズムが変化しながら続いてとても気持ちいいです。 とはい——

Tips WordPress