効率を求めてタイミングを逃した1日
2018年度 3回目の出猟

鳥はある程度規則的に行動するらしい。ご飯を食べたり、ボケーっとする時間もある程度決まっているそうだ。一度カモを見た池には別の日にも大抵カモがいるが、各猟場に到着する時間は大体同じなので、カモと僕の行動がシンクロしていると「この池にはいつもカモがいるな」となるわけだ。カモがいてもおかしくなさそうな池でカモを見ないのも、同じ理由なのかもしれない。
規則性がどれぐらい正確なのかわからないが、カモが居るときに自分が居ないといけないは間違いない。何事も試して見ないとわからないので、いつもより少し遅めの時間に出発し、遅い時間まで見回ってみることにした。

公園の池のマガモ
とある公園のマガモ。飼い慣らされているので近づいても逃げない。野生のマガモとは大違い。その気になれば手で捕まえられると思う。

計画通り、先日カルガモを目撃した時刻の少し前に山中池の入口に到着。想定通りカモが1羽浮かんでいた。おそらく先日見たスズガモと同じ個体だと思うが、購入した単眼鏡のピントが甘く判別が難しい。小さいことは大変なメリットだが、それが唯一のメリットとは大誤算であった。
まだ中型のカモを狙う気はないので、よくカモが隠れている場所を確認するために移動すると、足元から飛び立つカルガモが2羽。まったく何度目なんだと我ながら呆れかえるが、茂みにいるカモはほんとに見つけにくいのだ。
幸い向こう岸に着水しているので12回ポンプして待機。カルガモが姿を見せるのを待つ。しかし池から少し離れた場所でなにか作業が始まり、人の気配が気になってそわそわするので、一旦諦めて出直すことを決意。獲物は欲しいが、トラブルは極力避けたい。

すり鉢池にも前回カモを目撃した時間帯に到着。想定通りスズガモのようなカモが3羽。手持ちの単眼鏡では中型のカモの判別は難しいので、どれぐらいまで近づいたら逃げるのかを確認しようとしたが、数歩進んだだけで飛び立たれた。さすがに堂々と近づきすぎたかもしれない。せめてこっそりと近づく練習も兼ねるべきだった。
天気が良いせいか時期的なものなのか、農作業をされている方が多く、少し休憩してから山中池に戻ることにした。

前回マガモが舞い降りてきた時間の前に山中池付近に到着。ところが池に向かう道に車が2台停車中。よく見ると車のそばで年配の男性2人があっちこっち指差しながらしゃべっている。お互いに猟師で情報交換しているようだった。今から池に向かうのか、池から帰ってきたところなのかわからないが、どちらにしろ今カモがいないことは明白。意気消沈しながら挨拶し、2人の前を通り過ぎた。

その後も行く先々に人の気配を感じ、カモには出会えず終了。効率よく行動しようとして、タイミングを逃してばかり。まだまだ駆け出しなので、ちゃんと早寝早起きをして、限られた猟場を何度も見回るぐらいの気合が必要ということを学んだ……ということにしたいぐらい、新しい学びのない1日であった。
学びとは言えないが、嬉しかったのは足跡や糞など獣の痕跡に気がつけたこと。イノシシが掘り起こしたような後もたくさん見かける。昨年まで気がつかなかったのかもしれないが、獣の活動範囲が広がっているのかもしれない。こうやって自分でこつこつ体験して考えて学んでいくのが、楽しい近道ということだろう。効率を考えるのは、もっと学んでからということを学んだ。

イノシシが掘り起こした跡?
イノシシが掘り起こした跡に思えるもの。あまりにはっきりしているし、そもそも「これがイノシシが掘り起こした跡」というものを見たことがないので判断できない。

狩猟 /

Text by pushman