初めての共猟
2018年度 2回目の出猟

『山賊ダイアリー』には自分も体験したいと思わせるエピソードがたくさんあるが、そのひとつにエアライフル(空気銃)と散弾銃での共猟がある。
同じカモ撃ちでも、エアライフルはスナイパーみたいに潜んで近づいて、水面に浮いているカモを狙う。散弾銃は水面から飛び立ったカモを狙うので、撃つ準備ができたらワザと飛ばして狙う……らしい。実際に見たことはないから詳細は知らんけど。
漫画では先にエアライフルで水面のカモを撃ち、発砲音に驚き飛び立ったカモを散弾銃で仕留めている。それぞれの自然なやり方で連携ができて、大変気分が良さそう。
先日射撃場で猟歴が長く銃に詳しく、おまけに大変親切な先輩猟師Aさんと出会い、今期2度目の出猟は念願叶って散弾銃猟師との共猟になった。

古い薬莢
猟期前に下見した池で発見した散弾銃の薬莢。かなり古いので以前はカモがついていたことがわかる。(本来は持ち帰るべきものだけど)

共猟といっても実際はAさんに狩猟のイロハを教えてもらうことが目的。普段一人で狩猟をしている時の行動が安全なのか確認したいし(法令遵守は当然として)、獲物の探し方や距離の詰め方など、獲物を捕るための知識も得たい。機会があれば獲物のトドメの刺し方、腸抜きや羽むしりのやり方などなど、本やネットで学んだ知識を自分の目で見て確認したい。もちろん獲物も欲しい。

いつも行く場所は大きめの池が点在しているが、案内してもらった場所はいくつかの池が階段状に連なっている。大抵の場合全ての池にカモがついているわけではなく、そのどこか一箇所がカモにとって居心地の良い場所になるらしく、カモがいる場所は決まっているそうだ。素人目で見ると、どの池も隠れやすそうな葦などが茂り違いがわからないが、カモにとっては日差しやなんやかんや違いがあるらしい。
最初のいくつかにはカモがおらず、いても非狩猟鳥だったりで不発。それでもカモが隠れそうな地形を教わったり、非狩猟鳥の見分け方などを教えてもらって勉強になるし、大変楽しい。
しかし狩猟解禁日以降、連日猟師に追い立てられているせいか、カモがいない。「暖かいからまだ来てないんですかねぇ」などと話しながら移動を続けていると、小規模ながらマガモとカルガモの群れを発見。「ここにいたのか」と納得。その池は銃禁エリアではないものの住宅密集地域にあり、撃てないし、撃たない。その後も同じような場所にはたくさんのカモ。住宅地の近くにある池は適度に手入れされて日当たりも良く、おそらく餌も容易に手に入り、撃たれることもないので、カモにとって楽園のような場所だろう。
せっかくなのでマガモやカルガモと中型のカモ、コガモの大きさを比較したりじっくり観察。初めて見たハシビロガモをはじめ、バードウォッチングを楽しませてもらった。

里山
普段くることのない場所にいるだけでワクワクしながら落ち着いた気分を楽しめるのも狩猟の魅力。

そんなこんなで楽しみながら移動を続けるがほんとにカモがいない。最後の池に到着すると、遠目にコガモらしきカモが数羽浮かんでいるので土手から確認。見下ろすと池の淵にびっしりのコガモ。そして水中から出ているブロックに2羽のカルガモ。まだこちらの接近には気がついておらずのんびりムードなので、慌てて引き返してポンプすること12回。狙いは当然カルガモ。
匍匐前進で土手を登り、息をひそめる。跳弾が怖いのでブロックから降りさせるためにこちらの存在に気がつくように仕向けると、1羽が水面に降りて向こう側に泳ぎ始める。ペレットを装填しスコープから覗くも視界が狭くてカルガモを捕らえられない。焦ってスコープに目を近づけ過ぎていた。調整する間にかなり距離を取られたが、もう1羽も泳ぎ始めたのでそちらに狙いを変更。スコープで捉えて引き金を引く。しかしビクともしない引き金。無意識に「SHIT!」みたいな言葉で悪態をつきながら安全装置を解除し、距離を考慮して頭のやや下に狙いを定め、引き金を引く。
「パァンッ!」と響く乾いた発砲音。羽が散ったように見えたが元気に飛び立つカモ。周囲のコガモは悠々と泳ぎながら逃げる。なぜか最初のカモがこちらに近づいて来たので一旦退却して再び12回ポンプ。匍匐前進で狙撃体制。装填。狙いを定めて引き金を引くも今度は頭を超えて着弾。飛び立ったカモは旋回してなぜか再び着水。再び撤退して12回ポンプ。匍匐前進。狙いを定め、狙撃。首元の羽が散る。しかし元気に飛び立つカルガモ。旋回したので再び降りてくるかと思ったがそのまま飛び去り、他のカモもいなくなった。

逃げるスズガモ?
下見中に見つけたスズガモ。カモはのんびりしたイメージがあるが、泳ぐスピードはなかなか速いので、気づかれるとそれだけ狙うのも難しくなる。

この間Aさんは土手の下で待機し、飛び立ったカモを観察してくれていたのだが、元気溌剌といった感じで飛んでいたそうなので、羽が散ったように見えたのは発砲時に銃口から出た水蒸気だったのかもしれない。そうでなければ自分が見たいと思っていた光景の幻を見たということだろう。その後もいくつか池を回っていただいたが、カモを見ることなく終了。
帰路ではスコープ越しに見たカモと、その後の3度の発砲に至るまでのあれこれを何度も反芻し、悔しさを味わい続けた。

憧れのコンビ撃ちはできず、トドメの刺し方など具体的な技術を目にすることはなかったが、経験豊富なAさんのお話を聞けたことはやはり何よりの収穫。たくさんのカモを見たことで、「カモやキジは車で近づいても逃げようとしない」「非狩猟鳥はこちらに気がついていても慌てて逃げ出さない(逃げ出さない鳥は非狩猟鳥である可能性が高い)」などちょっとした習性も知ることができた。
それにしても人生何があるかわからない。まさか自分が銃を構えながら匍匐前進し、伏射をするとは。

本やネットで情報収集し、猟友会の集まりなどで先輩猟師の話を聞き、自分なりのやり方で狩猟を始めた昨年。ずっと「自分のやっていることは根本的に間違えているのでは?」という疑問があったが、Aさんのお話を伺い「間違ってはいない」と確信を持てるようになった。というか、自分が作れる環境ではそこそこ頑張っていると思えるようになった。都会に住んで、休みの日に限られた猟場に足を運んでいるだけで、ポンポン獲物に出会えたり仕留められるわけがない。「獲物は逃がしても、また獲れる」は『山賊ダイアリー』の作者が所属している猟友会の合言葉だが、これからもこの言葉を信じて狩猟を楽しみたいと思う。

狩猟 /

Text by pushman