2年目の猟期スタート
2018年度 1回目の出猟

昨年は実質2ヶ月の猟期で出猟回数は13回。そしてなにも獲れなかった。しかし学んだことは多いので、今年は「獲れるだろう」という予感がある。

今年の関西は度重なる台風の直撃で山の様子が一変しているところも少なくない。幸い事前の下見では猟場に大きな被害はなかったようだ。しかしそれとは別に、河川の護岸工事が進みカモが隠れやすい茂みが激減していたり、水が濁っていたり、水草が茂っていたり、小さくない変化があった。それがどれぐらい影響しているかわからないが、カモやキジを目撃することなく狩猟解禁日を迎えた。

工事現場の水たまりのような池にいたカモの群れ
下見中に見つけた、工事現場の水たまりのような池にいたカモの群れ。隠れるところがなくても猟期前、前半ならカモがいる可能性はあるみたい。遠すぎて双眼鏡を使っても判別はできなかった。

まずは下見中に見つけた新しいポイントを目指す。カモがこっそり潜んでそうな水路で、昨年ならば「いない」と決めつけていたような場所だ。ほのかな期待を胸にこっそり現場に近くいたものの、何もいない。しかし周囲の状況は悪くないし、キジバトが留まる木も発見したので、時間帯を変えてしばらくは通うつもり。
その後はその水路が流れ込む川沿いを移動。コガモを目撃したが、ぽつぽつと人が通るので見逃すことにした。

次に向かったのは山を少し登った大きなすり鉢状の池(すり鉢池と命名)。覗き込むと5羽のカルガモ。しかし遮蔽物がほとんどないためこちらの姿も丸見え。当然こちらに気が付いており、遠ざかっていく。距離は80mぐらいなのでもう少し近づこうとした途端、飛び立たれた。野生の鳥をなめた、ちょっと迂闊すぎる動きになっていたので反省。

次は昨年初めてマガモをみた山の中の池(山中池と命名)に移動。カルガモ4羽、スズガモのつがい、あと1羽判別できないカモを確認。こっそり近づいたつもりだったがすでに気づかれており、向こう岸に逃げるカモの群れ。50mよりは遠いが狙えなくはないかな……という距離。しばらく悩んでいたが、とりあえずケースからエースハンターを取り出している間にカルガモのみが飛び立ってしまった。
スズガモたちは残っているが、癖があると言われる海ガモを初めて食べる野生のカモに選びたくないので、残った3羽をじっくりと観察することにする。別に飛ばれてもいいやと思っているので、狙いやすい場所を探してウロウロし続けること20分。その間、残ったカモは飛び立ちこそしないが、見えない棒があるみたいにこちらと一定の距離をとる。すごい。
結局スズガモは狙わないことにして、キジをよく見るポイントに移動。まだ暖かいせいか畑仕事をしている人が多く、銃を抱えて入って行くわけにもいかないので退散。しばらく食事休憩をとった。

山林
池に向かう途中の山道から撮影。なにがいるというわけでもないのに、自分が山に入ると「やるぞ」という気分になる。楽しい。

休憩後再び山中池へ。スズガモはまだ残っていて、相変わらずこちらとの距離を一定に保つ。まだ何も獲ったことがないので、この状況に誘惑されてスズガモを狙いたくなってくる。山の中とはいえ電波は届いているのでスズガモを食べた人の感想をスマホで検索し、改めて最初のカモにはしたくないと決意。不明なカモの判別に集中することにする。結局30分ほど観察していたが、不思議なことに全く飽きない。特別鳥が好きなわけでもないので理由がわからないが、いつか自分が食うものと思っているからだろうか。

「やっぱり狙ってみようかな……」と考えながら双眼鏡を覗いていると、突然カモの鳴き声がして視界に純白の身体とエメラルドグリーンの鳥が着水。双眼鏡から目を離すと続いて3羽が着水。「マガモだ!」と思わず身を起こしてしまい、最後に着水した1羽がすぐに飛び立ってしまった。マガモの群れに遭遇するのは初めてだが、経験上同じカモは続けて飛び立つので慌ててエースハンターのカバーを外す。その間に2羽が飛び立ちしばらく頭上を旋回し、そのまま飛び去ってしまった。
残るは1羽。これはもうやるしかないとマガモの動きを目で追いながらポンプすること12回。のんびりした印象とは違い、カモの遊泳速度は速い。あっという間に岸沿いの木の下に移動し、姿が見えなくなってしまった。こうなると視界に入るスズガモがマガモに見えてくるし、他に見落としたマガモがいるんじゃないかと不安に駆られて池全体を再確認してみたり。そうこうしているうちにマガモの気配は完全に消えてしまった。昨年の経験から逃げたと思っても隠れている場合があるので、念入りに双眼鏡を覗きながら20分待ったが、マガモの姿を見ることはなかった。

しばらくは先に逃げたカルガモやマガモが戻ってくることを期待していたが、しばらく待っても変化がないので諦めムード。こうなるとペレットを装填してなくてよかった。しかし、12回ポンプした状態で空砲を撃つのは銃によくない。こんな消極的な理由で申し訳なくなるが、スズガモを狙う決意を固める。撃ちやすい位置まで移動し、ポケットからペレットを取り出すと足元の水面から鳴きながら飛び立つマガモ。久しぶりに呆然とした。「あぁ、俺は今、呆然としているなぁ」と思いながらペレットをケースに戻そうとしてスズガモのことを思い出したが、どうも気が抜けてしまい結局カモがいない場所まで移動して空砲を撃って初猟を終えた。

この日の失敗のひとつは、最初のカルガモへの接近方法。もうちょっと慎重に動くべきだったし、帰宅してからGoogleMapで距離を測ると狙えない距離ではなかった。やはり閉鎖された場所とだだっ広い場所では、距離感が違ってくる。
もうひとつは狙うのを躊躇したことによるタイムロス。どちらも距離の目測が原因なので、行く予定の場所では距離の目安になるものを見つけておけば助けになりそう。
マガモに関してはほんとに悔しいし自分のミスだけど、ちょっとどうしようもなかったなという印象。マガモの着水を見ることができたのは嬉しかった。視界に入った瞬間は、驚きと同時に「きれいだなぁ」と思っていたことを覚えている。そう思いながら、撃って喰うことを両立させるのが猟師なのかもしれない。早く猟師になりたい。

狩猟 /

Text by pushman