薄まる気配と高まる警戒心
2018年度 14回目の出猟

今期初めて獲ったカルガモ。正直「うまいッ!」という味ではなかったが、独特の濃厚な味が忘れられない。噛んでも噛んでも旨味がなくならない固い肉をもう一度食べたい。そしてヒヨドリ、キジバト、そしてキジも食べたい。何度か怯んで撃てなかったヌートリアは哺乳類の解体の練習になるそうだし、やっぱり食べてみたい。
残り猟期も少なくなってきたので、引き続きカモを中心に狙いつつ、他の狩猟鳥獣も積極的に狙おうと心に誓い、狩猟開始。

森

今までも何度かチェックしていたが、一度もカモを見たことがない池。最近チェックしていなかったがなんとなく足がそちらに向いたので久しぶりに確認。遠目に1羽のカモらしきシルエットを確認できたが、早速気づかれてしまい、ボサに逃げ込まれる。双眼鏡で丹念に探したが見つけられない。無意味に警戒心を高めても仕方がないので、次回に望みを繋いで撤退。

次に山中池に向かうが、ここも最近は空振りが続いているので期待はできない。いつものポイントから池を覗くが案の定静かな水面。念入りにせり出している枝の下を双眼鏡で確認するが、なにも見つけられず。やっぱりだめだったかと土手に上がってしばらく仁王立ちしていると、なんと2羽のカモが出現。慌てて目線を外して「僕そういうんじゃないんですよ……」という感じで帰るふりをしたが、そんなことが通用する相手ではなく、すぐに飛び立たれてしまった。
逆光で正確に判断できなかったが、出てきたポイントと大きさからしてカルガモの可能性が高い。久しぶりにやらかしてしまった。

次にカル川に向かうとその護岸工事で水の流れが悪くなり、かなり濁っている。ますます気配が薄くなりそうだと思っていると、久しぶりに3羽ほどのカルガモを確認。慎重に上流から狙撃ポイントを目指し、カルガモを捉えるが向こうも慣れたものでスイスイ泳いで死角に逃げ込む。
ならばとこちらも一旦川を離れて下流から狙いをつけるが、先ほどと同じく死角に逃げ込みながら上流に逃げていく。再びさらに上流に回り込み、同じことを繰り返したので、下流に逃げ込んだ先を見越して狙撃ポイントに足を踏み入れると、ちょうどそこに隠れていた別のカルガモが飛び出す。つられて追い込んでいたカルガモも逃げてしまった。結局ここには7羽のカルガモがいたようで、悔しいことこの上ない。しばらく近場を旋回していたが、結局山の向こうまで逃げられてしまった。

この日の出会いはこれで終了。ヒヨドリは鳴き声は聴こえるのだが見つけられず。キジバトは発見できても即座に飛び立つのでもしかすると最も手強いかもしれない。
昨年キジをよく見たキジ畑はシカの足跡と糞だらけ。その影響ではないと思うが、今日もキジは見かけず。

猟期も終盤になり、今までよく見ていたヒドリガモやホシハジロなど人気のないカモも、撃てない川や池で見かけることが多くなった。悠々と浮かんでいるのを観察していると、奥のボサからもれなくカルガモやマガモが飛び出す……。どこにいようがカルガモとマガモの警戒心は高く、もはや観察することもできない。

こうなってくると、あえて狙わなかったヒドリガモやホシハジロも獲って食べてみたくなる。何事も経験しないとわからないし、食べないで後悔するより、食べて後悔してみようという気持ちになってきた。

シカの足跡
猟場に行く途中の道で見かけたシカ(?)の足跡。タイヤの跡もあるように、普通に車が入ってくる場所なので驚いた。

狩猟

Text by pushman

最新の記事

Associates Link Builderで情報が表示されない
行儀よくない解決方法

今期初めて獲ったカルガモ。正直「うまいッ!」という味ではなかったが、独特の濃厚な味が忘れられない。噛んでも噛んでも旨味がなくならない固い肉をもう一度食べたい。そしてヒヨドリ、キジバト、そしてキジも食べたい。何度か怯んで撃てなかったヌートリアは哺乳類の解体の練習になるそうだし、やっぱり食べてみたい。 残り猟期も少なくなってきたので、引き続きカモを中心に狙いつつ、他の狩猟鳥獣も積極的に狙おうと心に誓い、狩猟開始。 今までも何度かチェックして——

Tips WordPress