獲れなくても楽しめる狩猟(観察と考察)
2018年度 4回目の出猟

基本的に紙の本が読みやすくて好きだけど、狩猟にいく時は荷物を軽くしたいのでKindleを利用している。少し読み疲れて眠気を感じ始める頃には、猟場まであと少し。窓から見る景色は田んぼや畑ばかりになり、気分が高まってくる。
田んぼや畑に鳥や獲物の気配を探すのも楽しい。見かけるのは大抵カラスやスズメ、キジバトなど。騒々しい線路の横にキジはいなくて当然か……と思っていたら、この日初めて車中からキジを発見。気分は上々な滑り出しとなった。

待ち伏せ中の景色

まずは未確認の池を目指す。目当ての池(高台池と命名)まで急勾配の坂道を登ったが、何もいない。しかし先日Aさんに案内していただいた池に雰囲気が似ているので、しばらく巡回することにする。
下見中にカモが付いているのを確認した池に向かうと、水が抜かれており当然カモの姿もなかった。行き場を失ったカモがどこに向かったのか知りたい。
畑地帯を移動しながらキジを探していると、田んぼに違和感。凝視すると(おそらく)タシギが3羽。初めてみた憧れの獲物*1で一人冷静に大はしゃぎ。
「初めて撮った獲物ですか? タシギだったかなぁ」と脳内インタビューが始まりそうになったが、近くに家があるので撃てないし、撃たない。そもそもシギ科は判別が難しいので、もっと知識と判別力を向上させないと狙えそうにない。しばらく観察していたが長いくちばしを地面に何度も突き立てる様がかわいい。コロコロしているし、だんだんおいしそうに見えてきた。自信を持って判別できるようになってまたお目にかかりたい。

タシギらしき鳥
解像度不足だが長い嘴とタシギらしいシルエットはかろうじて確認できる。我ながらよく気が付いた。(20mぐらいの距離からiPhoneで撮影)

山中池でカモをよく見る時間帯が近いので移動。Aさんから学んだことの一つがポンプするタイミング。今までは空砲を撃つはめになることを嫌い、獲物を確認してからポンプしていたが、「獲物はいる」という前提で確認する前にポンプして単発プレチャージ式エアライフル状態にしておく(もちろん装填はしない)。
12回ポンプしてから一旦ケースに銃を戻し、こっそり近づいて池を覗く。見える範囲には何もいないが、これまで何度も死角から飛び立たたれているので、「カモはどこかに隠れている」と信じて行動。対岸に向かって移動する途中で1羽の中型のカモ、その奥に2羽以上の泳跡を確認。泳跡は池の奥に進んでいるのですでに気づかれている。一旦退却して法面を小走りで移動し、対岸の茂みで身を隠しながらカモを確認できる場所に到着。双眼鏡を取り出す前にきれいな緑色の頭と純白の胴体が見え、マガモであることを確認。
エースハンターを取り出したものの、細かい枝が邪魔して撃てない。マガモは完全にこちらに気が付き、発砲できる場所まで移動する前に飛び立ってしまった。しかしメスのマガモはまだ残っており、ガァガァ鳴きながら警戒している。鳴き声でオスが戻ってくるかもしれないと思い、双眼鏡でじっと観察。メスで判別することは難しいこともあるが、子どもを産むメスはできれば狙いたくはない。しかし一般的に動物はメスの方がおいしいと言われているし、ずっと見ているとおいしそうに見えてくる。
「オスは撃つのになぜメスを撃たないんだ?」「男女平等」「レディーファースト」という言葉が浮かんできたが、「あれは本当にマガモのメスなのか?」という疑問も浮かび、図鑑やネットで確認しているうちに飛び去ってしまった。悔しかったが判別できないなら撃つべきではないので、これでよかったのだと思う。

いつも通りの流れになりつつあるが、キジ、タシギ、マガモを目撃し気分は良い。すり鉢池に移動すると、中型のカモが2羽とカルガモが1羽。先日は迂闊に近づいてあっさり飛ばれてしまったので、大きく迂回して近づくがすでに気づかれており、こちらと距離を取るようにカルガモだけが移動を始める。中型のカモは気づいているが、逃げない。やはりマガモとカルガモは狙われる確率が高いのか、他のカモより警戒心が強いようだ。
なんとか距離を詰めたが、50mよりは遠い。しかしこれ以上近づくと飛び立たれそうなので、伏射の体勢をとる。しかし地形の関係でエビゾリ気味になり大変苦しい。これでは狙えないので膝射の姿勢をとってみるが、しっくりこない。
ここで思い出したのが、『ゴールデンカムイ』の凄腕狙撃手、尾形の撃ち方。三角座りから膝だけを開き、左膝の上に曲げた左腕をおき、左肘の上で銃を構える大変かっこいい撃ち方。試しに構えてみると撃ち下ろしになり、かなり安定している。そのままレティクルの中心にしっかりとカルガモの頭部を捉える。ペレットを装填し、距離を考慮してレティクルの中心を頭部よりも上に設定。気分は尾形なので中るとしか思えない。引き金を引く。
パァンという音がして一瞬の間があり、飛び立つ3羽のカモ。狙ったカルガモを目で追うと、元気溌剌。とても力強く羽ばたいている。今回も大外ししてしまった。

通称尾形撃ち
実際はWikipediaの「狙撃手」という項目にある写真のように、肩口ではなく肘の上に銃を乗せる。(画像は『ゴールデンカムイ』第5巻より)

帰宅してGoogleMapで距離を測ると、80m前後。手前にドロップしていたら水飛沫が見えるはずなので、想定したよりドロップしていないか、左右にずれたか。反復練習ができない猟場での射撃は外す要因に事欠かないことを痛感する。

どうにも諦められないので、なにもいない山中池に戻り30分ほど潜んでみたが、なにも降りて来ない。一度警戒するとなかなか戻ってこないのかもしれない。これももっと経験を積まないとわからない。
池を一周していると散らばった鳥の羽を発見。「獣に襲われたのかな」と考えたが、自分がやっていることを思い出して猟師が仕留めた(おそらく)カルガモの羽を毟った場所だと気づく。おそらく数日前の出来事。先日遭遇した猟師が獲ったのかも知れない。ちょっとタイミングが違えば自分の獲物となっていたかも知れないと思うと悔しいが、もうちょっとで獲れるというところまで来ていると思えば嬉しい。

散乱しているカモの羽
散乱しているカルガモっぽい組み合わせの色の羽。

今回も獲物は捕れなかったが、山や畑を歩いていろいろ観察して考察することは楽しい。もちろん獲物は欲しいが、Aさんに同行させていただいたおかげで、無事故無違反で楽しめているなら十分じゃないかと思えるようになった。

1. タシギの英語名は「common snipe」。仕留めるのが難しく、「タシギを仕留められる腕前を持つ狙撃手」という意味でスナイパーと呼ばれるようになったらしい。

狩猟 /

Text by pushman