初めて「釣った」ニジマス
管理釣り場でのニジマス釣り

狩猟に興味を持つ前からやってみたかった釣り。念願叶って昨年は釣り好きの知人にボート釣りなどを体験させてもらったけれど、管理釣り場でのニジマス釣りも体験させてもらった。
管理釣り場という言葉のイメージから簡単に釣れると想像していたけれど、全くそんなことはなくて、生まれて初めてのルアー釣りはなにがなんだかさっぱりわからなかった。それでも指導のおかげで数匹のニジマスが釣れて、シンプルな塩焼きで大変おいしく食べられた。それ以来、川の釣りにも興味と憧れを持っている。

昨年はタイラバ、そしてエギングをほんのちょっぴり体験したので、ルアー釣りがどういうものか理解はできているので、いろいろ試行錯誤することができた。
リールを巻くスピードや巻き始めるタイミング、そして川の流れと垂直に巻いたり、斜めに巻いたり。
これらの試行錯誤、そして時刻と天候の変化で、ニジマスの反応が代わり、さっきまでスプーンに見向きもしなかったニジマスが追いかけてきたら、それだけでめちゃくちゃ嬉しいし、楽しい。
アタリを感じてちゃんと掛けられたときの感触、そして逃げようと暴れるニジマスをコントロールして釣り上げた時の喜び、バラしてしまった時の悔しさ。どちらもなんとも言えない高揚感で満たされる。

今年は釣果は8匹。最初の2匹はニジマスの活性が高い時間帯だったので、よくわからないまま投げ続けているうちに、文字通り「釣れた」。それからしばらくは活性が低くなり、アタリを感じることもなくなって、ただただ投げては巻いてを繰り返していた。
はたから見ていたら退屈そうだったかもしれないけれど、自分としては細かい工夫が楽しくで全然退屈していなかった。そのうち3回に1回ぐらいの割合で、スプーンを追ってくるニジマスがでてきて、それからどうやってスプーンを食わせるか試行錯誤。何度も悔しい思いをしながら、狙い通り食わして「釣った」嬉しさは、「釣れた」嬉しさなんて比較にならないぐらい気持ちが良い。

釣ったその場で塩焼きしたニジマス
釣ったニジマスの何匹かはその場で塩焼きに。こういう食べ方をするとおいしいのはもちろん、食べることの根源的な喜びを感じられる気がする。

この管理釣り場は焚き火ができるので、みんなで釣った何匹かはその場で塩焼きにしていただいた。結構寒くて時折雨や雹も降ってきたけれど、こういうことをするのはいつだって楽しい。

ようやく「釣った」と言えるようなことができたけれど、管理釣り場で動きが丸見えのニジマスを数匹釣っただけなので、遊ばせてもらったというのが正しい認識だと思う。いずれは渓流釣りにも挑戦して、猟期以外も山に入る理由を作り、いろんな遊びが繋がっていくような生活を送りたい。

釣り

Text by pushman