クロスファクター EVA タックルバッグ
初心者におすすめのロッドホルダー付きタックルバッグ

ボート釣りに連れて行ってもらうようになり、ますます釣りがおもしろくなり、釣り道具も増えてきた。とはいえタックルはエギング用とタイラバ用の2本だけだし、小物は完全防水のリュックに収まっているし、タックルバッグに憧れはあったものの必要性は感じなかった。
しかしボート釣行をすると毎回そこそこ波が高く、移動中バッタンバッタン揺れるボートにロッドを寝かせていると、いつかぽっきり折れてしまいそうな気がして落ち着かない……ということを理由にして、ロッドホルダー付きのタックルバッグを購入することにした。

クロスファクター EVA タックルバッグ
本体はもちろんインナーケースも防水性抜群。

価格帯が同じなら製品ごとの差はそんなにないはずと信じて、5,000円台で最安値だった「クロスファクター EVA タックルバッグ」を購入。Amazonのレビューは概ね好評だけど、気になったのが「すべる」「持ち手を掴みにくい」という2点。

ボート釣りで使うのですべるのは困る。なので初めて使うときは、念のため滑り止めシートを持参したけれど、ビシャビシャになっても全くすべらず一安心。
持ち手をまとめるボタンを外したまま2つの持ち手を掴むのは、確かにやりにくい。でも、頻繁に移動しない釣りであれば全く気にならない。つまり、ボート釣りで使うならまったく不満なく快適に使える。

バッシャバッシャと波を被っても内部に水が入ることは一切ない。内蓋のように機能するインナーケース単体の防水機能も十分。帰宅後はケースを丸洗いしているけれど、ホースで水をかけてもジッパーをきちんと閉めていれば内部は濡れないので、防水力はかなり優秀だと思う。

僕にとって最も大事だったロッドホルダーは少し浅いかなと思ったけれど、荒波を越える時もしっかりとロッドを保持してくれた。4つも要らないかと思ったけれど、プライヤーやフィッシュグリップなども差し込めるので、地味に重宝している。

ということで、かなり悩んで買ったけれど、めちゃくちゃ満足している。全体的な作りもしっかりしているし、耐久度も期待できそう。

どんな趣味でも始めたばかりの頃は、その趣味に必須の道具、釣りならロッドやリール以外にあまりお金をかけたくないだろうし、かけにくい。どこまで自分がその趣味にハマるのか、検討もつかないし。それでも持っていると快適になる道具は欲しくなるものなので、タックルバッグをお試しで買いたいと思っている人にはぴったりだし、お試しどころか当分の間は快適に使い続けられると思う。

クロスファクター EVA タックルバッグ

このサイズのタックルバッグでは安い部類。特筆すべき長所は無いけれど、不満もない。コストパフォーマンスはかなり高いと思う。Amazonのレビューに「写真と違う」というものがあるけれど、今は一致している(はず)。

Update:

買い物

Text by pushman