美女と竹林
暴走する男の子の妄想

久しぶりに僕のお気に入り作家となった森見登美彦さんですが、僕の方が年上なので「こんな若造の作品は今後読むまい。ハードカバーでは!」と誓いを立てています*1。そんなわけで、「美女と竹林」は書店で何度も立ち読みしてはニヤニヤし、何度も購入しようとしてはぐっとこらえていたのですが、やっと文庫版が出版されたので喜び勇んで購入してしまいました。

続きを読む

1. この誓いは「恋文の技術」によってあっけなく破られてしまいました。

2010年12月14日(火)

読書 /

Text by pushman

恋文の技術
手紙を書きまくって得るもの

知人から「B本だから」と“おもしろかったが二度は読まない本”を定期的に頂くのですが、なにせ「B本」と宣言されている訳ですから、なかなか「読みたいな」という気持ちにはなりません。

読みたい本を読んでしまい、何かおもしろそうな本を探してみたものの、グッとくるものがない。そしてお金もない。そんな状況になってようやく「読んでみるか」という上から目線で数々のB本と向かい合うことになります。それでもなかなか「読みたいな」という気持ちにはならず、タイトルとあらすじを熟読してやっと一つの本を選ぶ事になります。選べない事も多々あります。

そのB本の中にあった森見登美彦さんの『四畳半神話大系』は、さくっと選ばれ、僕の中では「A本」、つまり「とてもおもしろく、所有していたい本」「人に薦めて、貸し付けたい本」となりました。

続きを読む

恋文の技術

2010年07月18日(日)

読書 /

Text by pushman