「エドワード・ゴーリー」タグの記事一覧

うろんな客
軽くて味わい深い

読書

「うろんな客」サムネイル

不幸な子供
不幸なんて言葉じゃ生易しいぐらい不幸

読書

……幸なんて言葉じゃ生易しい。こういう状況を生き地獄というのでしょうか。しかし、読んでいる間はこちらの予想を上回る不幸の波状攻撃で、悲しみはもちろん、怒りの感情なんて起こるはずもなく、ただただニヤニヤしっぱなしでした。 裕福な家庭に生まれ、両親の愛情を一身に受け、不自由なく暮らしているであろう少女シャーロット。ある日父親が戦争に行くことになるのですが、その日から不幸な日々のはじまりはじまり。もうこの時のシャーロットの表情で、十分不幸の予感がするのですが、次のページで父親の戦死を知らされる母親の……

ギャシュリークラムのちびっ子たち
26人の悲惨な目に合う子ども達

読書

……ギャシュリークラムのちびっ子たち』です。柴田さんが翻訳しているということで、前々から気にはなっていたのですが、やっぱり柴田さんって信用できますね。猛烈にはまってしまいました。 絵本なのでさくっと読めますが、テンポよくは読めません。表紙から想像できると思いますが、心躍る楽しい絵本ではなく、もしこんなものを子どもの頃に読んでしまったら、トラウマになりかねない気がします。お子さんのいる方は、この本を入手したら保管にはご注意ください。 アルファベットの「A」から始まって「Z」まで、それぞれのイニシ……