「エドワード・ゴーリー」タグを含む記事一覧

うろんな客
軽くて味わい深い

エドワード・ゴーリーの作品は人によって結構不快な思いをする可能性が高いですし、「ちょっと笑えない」と思う人がいても不思議ではありません。そういう人でも、『うろんな客』は単純に楽しめる作品だと思います。

続きを読む

読書 /

Text by pushman

不幸な子供
不幸なんて言葉じゃ生易しいぐらい不幸

表紙からして嫌な予感のする『不幸な子供』すが、期待を裏切らない、相当猛烈不幸な子どものお話です。不幸なんて言葉じゃ生易しい。こういう状況を生き地獄というのでしょうか。しかし、読んでいる間はこちらの予想を上回る不幸の波状攻撃で、悲しみはもちろん、怒りの感情なんて起こるはずもなく、ただただニヤニヤしっぱなしでした。

続きを読む

読書 /

Text by pushman

ギャシュリークラムのちびっ子たち
26人の悲惨な目に合う子ども達

持っているのがちょっと怖い絵本を読んでしまいました。大人のための絵本作家、エドワード・ゴーリーの『ギャシュリークラムのちびっ子たち』です。柴田さんが翻訳しているということで、前々から気にはなっていたのですが、やっぱり柴田さんって信用できますね。猛烈にはまってしまいました。
絵本なのでさくっと読めますが、テンポよくは読めません。表紙から想像できると思いますが、心躍る楽しい絵本ではなく、もしこんなものを子どもの頃に読んでしまったら、トラウマになりかねない気がします。お子さんのいる方は、この本を入手したら保管にはご注意ください。

続きを読む

読書 /

Text by pushman