ミッチェル314
でかくて小さい愛嬌あるリール

ミッチェル408を探している時に、300に似たまん丸ボディのリールが目に止まった。それはミッチェルリールのルーツである304だった。
○だけで構成された変なデザインは、目に入るたびに気になる存在になった。調べてみると314という304の上位モデルもある。314はミッチェル特有のプラナマティックが使用されている。それだけなら「408があるし」と思ったのだけど、408とは違って普通のベベルギア。となるとスパイラルベベルギアとの違いを体感したい。3つ目のミッチェルリールを購入する十分な理由が見つかった。

ミッチェル314
ボロボロの箱と替スプール付きで購入。スプールにはぶっといフロロカーボンらしきラインが巻かれていた。

ミッチェル314の特徴はまん丸のボディ。そのせいで小さい印象だけど、スプールが結構大きいので408よりは重い。でも300よりは軽い。
ギア比は目測で4.3ぐらい。巻き取り長は50cmにぐらいなので、渓流でもなんとか使えると思う。

ミッチェル314 - ラインガイド
箱を残すぐらい丁寧に使う人のものだったためか、今までで一番状態が良い。ラインガイドもピカピカ。

スプールは300や408より幅が狭い。その短いスプールをプラナマティック機構が小刻みに上下させて巻き上げる姿は、せわしなくて大変かわいい。
ベベルギアは意外と悪くない巻き心地。というか、僕が所有している3つのミッチェルのリールの中で一番静かでスムーズにラインを巻き取っている。

ミッチェル314 - ベベルギア
カバーを外すとこんな感じ。外見とは逆に、今までで一番汚れている。丁寧に使い続けられていたリールなのかもしれない。

渓流釣りにハマったのも最近なのに……というか、釣りを始めたばかりなのに、ミッチェルのリールを3つも所有してしまった。しかもまだ一つも使ったことがない。でも、この3つのリールを大事に使って、釣りを続けていきたい。そう思える道具と出会えたことが本当にうれしい。
自分より年上のミッチェルのリールをとっかえひっかえ、あーでもないこーでもないと試行錯誤しながら釣りを楽しめるのは、結構幸せな人生な気がする。

ミッチェル314

思っていたよりも大きいけれど、ボディが小さいので奇妙な印象。購入した314はスペアスプールとボロボロの箱付きだったので、かなり満足している。

購入時の価格 ¥8,237

MITCHELL

ミッチェルのリールについて知りたいなら必読の本。Kindle Unlimited読み放題の対象書籍なので会員なら無料で読める。314に関する記述は多くないけれど、ミッチェルのリールの魅力が存分に書かれている。

購入時の価格 ¥0

買い物

Text by pushman