Heartfield

What’s so bad about feeling good?

サウンドトラック読みづらくても、伝わり、揺さぶられる。

2015年10月03日(土)

読書 /

Text by pushman

初めて読んだ古川日出男さんの作品は『アラビアの夜の種族』でした。物語の壮大さはもちろん、独特の文体にも強く惹かれました。その他の作品もいくつか読みましたが、ハズレは一つもありませんでした。気がつけば全ての作品を読みたいと思うほど気に入っていたのですが、この『サウンドトラック』を読んで、古川日出男の作品と文体は自分にとってちょっと特別なものだと気付かされました。

続きを読む

『サウンドトラック』上下巻