魚釣三昧 てんから源 240と300
テンカラ初心者に最適

いろんな物事に興味を持ってきたけれど、大抵の場合その物事のルーツ的なもの、古めのもの、シンプルなものに惹かれる。とりとめなくいろんなことに興味をもってきたけれど、そこだけは一貫している。
狩猟から派生して興味を持った渓流釣りも、念願叶ってルアー釣りで始めることができたけれど、元々やりたかったのはテンカラだった。

本やYouTubeでテンカラのことを調べ、「いつかはテンカラ!」と思いながらルアーを投げる日々。調べることもめんどくさくなる頃、ルアー釣りだってテクニック的なことは教わっていないし、その状態で試行錯誤することがおもしかったわけだし、適当に始めればいいんだと開き直れた。

そして購入したのが「てんから源 300」。川幅の狭い支流に行くことが多いし、本流でも使えなくはない長さだと考えた。でも、うまくキャストができない。そして、支流では長く、本流では短く感じる。
つまり、中途半端な長さ。
ひとつ不満を持つと、うまくキャストできない理由もロッドが原因だと思えてきた。ということで、一番短い「てんから源 240」も購入。

このロッドが大当たり。テンカラ竿をちゃんとキャストすると、ラインがどう飛んでいくのかがすぐに理解できた。そして、渓流の雰囲気を残した管理釣り場でニジマスとアマゴを釣ることもできた

いったん成功イメージができると、300の方でもキャストできるようになっていた。力の抜き加減がしやすくて、距離の加減もとりやすい。キャストできない理由はやっぱりロッドのせいではなかった。
一旦キャストできるようになると、探る範囲が広い300がメインロッドになった。

「てんから源 300」で初めて釣ったアマゴ
初めての渓流でのテンカラで釣ったアマゴ。白波の間に落とした毛鉤に食ってきた。
「てんから源 300」で初めて釣ったアマゴの全長
初めてテンカラで釣った天然アマゴのサイズ。とても小さい。でも、とてもきれい。

最初は毛鉤を食いにきた魚しか釣れなかったけど、ラインの不自然な動きで少しずつアタリも取れるようになってきた。そうなると攻める範囲も広がり、ますます楽しい。
「ん?」と思ったら合わせてみる。大抵スッとピックアップできて、そのまま次のキャストに繋げる。でも、「んん?」と思った時は根がかりしたような強い抵抗があり、「あれ?」っと思うと手に伝わってくる、あの感触。これがたまらない。

「てんから源 300」で釣った体高の高いアマゴ
岩陰からキャストして毛鉤を確認できない状態だったけれど、ラインの不自然な動きで合わせに成功。初めての経験だったのでしばらくひとりでニヤニヤしていた。

すっかりテンカラにはまったので、もう少し高価なものが欲しいという気持ちもある。回転式リリアンや、長さが可変のズームロッドなどは便利そうだ。でも、渓流では物をなくしたり破損する確率が高いので、道具は安価なものにしたほうが釣り自体を楽しめると感じている。
そういう意味で、この価格帯のロッドはバランスがいいと思う。品質のばらつきは覚悟の上だ。中でもこの「てんから源」シリーズは見た目も良い。大橋漁具は大人気ロッド「鱒レンジャー」に代表されるように、使って楽しい商品を安価で販売してくれているのだと勝手に思っている。

「てんから源 300」釣った3匹目のアマゴ
ルアーでは狙いにくい急な流れの縁はテンカラで狙いやすい。流れから出てきたアマゴの姿を捉えると一気にテンションがあがる。

魚釣三昧 二代目てんから源 240

300ではわからなかった、ちゃんとキャストできた時の感覚がすぐに掴めた。テンカラのキャストはこのロッドに教わったと思っている。かなり短いのでアプローチもより慎重にならざるを得ないので、結果的にテンカラ入門にうってつけのロッドだと思う。

購入時の価格 ¥3,077

魚釣三昧 てんから源 300

240を買った直後は中途半端な長さに思えたけど、キャストになれてくると支流での使い勝手はけっこういい。本流でもなんとか使えるので、川の状況がわからない場合はこれを持って行くようになった。

購入時の価格 ¥4,941

超明快 レベルラインテンカラ

テンカラの基礎の基礎がわかりやすく書かれている。実際にテンカラをやってから読み直すと、改めて理解できることも多い。毛鉤の巻き方やラインの結び方も参考にした。読んでよかった。

購入時の価格 ¥1,620

Update:

買い物

Text by pushman