2010-02-06 Sat

NP_ImageExtractor|使用方法とダウンロード

NP_OnlyImgの後継プラグイン。アイテム中のイメージタグ「<img />」「<%image%>」を抽出して再表示、または削除するプラグイン。個別アイテムスキンで<%if%>を利用し、画像の有無を判断することも可能。

NP_ImageExtractorの機能

  • アイテム中のイメージタグ「<img />」、またはNucleus変数「<%image%>」を1つだけ、または全てを抽出して画像を表示。画像のsrc属性、alt属性のみを抜き出す事も可能。
  • 画像そのもの、または代替テキストを用いて、その画像へのリンクを生成。*1
  • 画像があるとき、または無い時に特定の文字列(xhtmlタグも可)を表示。
  • 個別アイテムスキンにおいて、<%if(ImageExtractor)%>を利用し、そのアイテムに画像の有無を判断可能。

抽出しない画像

以下の画像はデフォルトで表示しません。

  • 幅が1pxの画像
  • alt属性の値が空の画像(オプションで表示可能)
  • class属性の最初の値が「noicon」の画像
  • アイテム中に「<%image(ファイル名|幅|高さ|代替テキスト)%>」と記述している場合、代替テキストの後に「noicon」と指定された画像。または、imgタグで「class="noicon"」と指定された画像。

アイテム中の○番目(オフセット値)の画像を表示。「noicon」指定の画像が○番目の場合、その次の画像を表示します。

<%if%>で利用する場合、「noicon」の指定をしている画像はカウントされます。幅1pxの画像はカウントしません。altが空の画像はオプションで指定できます。

テンプレートへの記述

<%ImageExtractor(モード,サイズ(幅/高さ),画像を内包するタグ,タグのclass,リンクタグのclass,リンクタグのrel,画像が無い時に表示する画像,altが空の時に表示,オフセット)%>

入力例:

<%ImageExtractor(imglink,80/120,p,extracted,gallery,album,,yes)%>
  • 「サイズ」で指定した幅、高さは、最大のサイズとなります。どちらかが指定サイズを超える場合は越える方の縮小が優先されます。
    詳細 » NP_ImageExtractor|指定のサイズより小さい画像
  • 「サイズ」「タグ」「class名」は「imglink」「allimglink」「thumb」「allthumb」「all」のときに有効です。
  • 「リンクタグのクラス」「リンクタグのrel」は「link」「alllink」「imglink」「allimglink」のときに有効です。

画像表示モード

<%image(sample.jpg,160,120,テスト画像)%>

と入力したときの各モードの表示例。

<%ImageExtractor(src)%>

元の画像のURLを表示

http://www.saple.com/media/sample.jpg
<%ImageExtractor(alt)%>

元の画像の代替テキストを表示

テスト画像
<%ImageExtractor(link,,p,,gallery,album)%>
<%ImageExtractor(alllink,,p,,gallery,album)%>

代替テキストを用いて最初の画像、または全ての画像へのリンクを表示

テスト画像

<%ImageExtractor(imglink,,p,,gallery,album)%><br /> <%ImageExtractor(allimglink,,p,,gallery,album)%>

画像を指定のサイズ以内で表示し、その画像へのリンクを一つだけ、または全て表示

テスト画像

<%ImageExtractor(thumb,80/80,p,imagebox)%>
<%ImageExtractor(allthumb,80/80,p,imagebox)%>

画像を指定のサイズ以内で一つだけ、または全て表示

テスト画像

画像表示以外のモード

<%ImageExtractor(delbody)%>

<%ImageExtractor(delall)%>

それぞれ全ての画像を削除し、「本文」「続き」「全文」を表示。
NP_SimpleParagraphsがインストールされていると、ほぼ同じルールでマークアップし直します。

<%ImageExtractor(ifimage,,文字列)%>
<%ImageExtractor(ifnotimage,,文字列)%>

画像がある時(または無いとき)に「文字列」を表示します。xhtmlタグ付きの文字列を出力する際は、行頭に「[タグ]」を記述してください。

<%ImageExtractor(imagetext,[タグ]文字列,クラス名)%>

閉じタグも自動で付加されますが、無効にする事も出来ます。リスト表示等の際に有効です。

<%ImageExtractor(imagetext,,[ul]文字列[open],クラス名)%>
<%ImageExtractor(thumb,100,[li],クラス名)%>
<%ImageExtractor(imagetext,,[ul]文字列[close],クラス名)%>

最初と最後は開きタグのみ、閉じタグのみの出力になります。

個別アイテムスキンでの使用方法

<%if(ImageExtractor,== or <= or < or >= or >, 画像の数)%>
<%if(ImageExtractor,=,5)%>
画像が5つあります。
<%elseif(ImageExtractor,>,5)%>
画像が6つ以上あります。
<%else%>
画像はありません。
<%endif%>

ダウンロード

このプラグインのライセンスは、本体であるNucleusに準じ、GPLです。詳しくはNucleus CMS Japan、またはライセンスについて - GNUプロジェクト - フリーソフトウェア財団 (FSF)をご覧ください。

また、このプラグインは僕がPHPの勉強がてら作成したのもので、重大な欠陥があるかもしれません。このプラグインを使用されたことで、不具合が生じても当サイトは責任をとれませんので、ご使用は自己責任でお願いします。

ご報告いただいた不具合やご要望には可能な限り対応したいと思っていますので、なにかありましたらこの記事のコメントまでご連絡ください。

Download:NP_ImageExtractor 1.551(zip)

  1. *1 - 代替テキスト(alt)が空の画像を表示させる場合は、画像のURIがリンクテキストになります。

2010-02-06 Sat / Category - Nucleus Plugin

このページの先頭に戻る

Copyright 2010 - Heartfield