MSS-20で初めての技能講習
スキートを楽しみ、強まる愛着と欲求

2回の猟期を経て、大物猟に挑戦するための散弾銃を所持したいと思った。正確には、MSS-20を所持したいと思った。理由は見た目。自分の好みにぴたりと合う散弾銃が、MSS-20だったのだ。

流石に「ボルトアクションでかっこいい」という理由だけで所持する勇気はなかったので、銃砲店や先輩猟師にMSS-20の話を聞いた。ネットでも調べた。多くの先達が良い面と悪い面を教えてくれた。
総論は、「良い鉄砲だけど、初めての散弾銃としてはオススメしない」という感じ。でも、欲しいものは欲しい。しょうがないので悪い情報は聞かなかったことにして、「ボルトアクション、やっぱりかっこいい!」という理由だけで初めての散弾銃に選んだ。

悪い情報は無視できたとしても、向き合わなければいけないのが技能講習。MSS-20はれっきとした散弾銃なので、トラップかスキートで技能講習を受講しなければならない*1

大阪総合射撃場スキート射場

技能講習、スキートで受けるか? トラップで受けるか?

何度かトラップとスキートを経験し、より楽しいと感じたのはスキートだった。技能講習を申し込む前にその感覚を確認したいと思っていた所に先輩猟師からスキートのお誘い。喜び勇んで参加してスキートを改めて楽しんだ。
巻狩に参加して何度も獲物を狙って発砲したおかげか、以前よりも狙えている感覚を持てた。以前は無かった感覚で楽しんだスキートは、鳥猟はもちろん大物猟にも役立つと感じた。充実した狩猟生活を送るためにも、もっと練習すべきことの一つだと(今更ながら)確信した。

ということで、技能講習はスキートで受講することに決定。何度か練習に通い、プーラーさんから「ボルト? スコープつけたまま?*2」と心配されることに慣れた頃には、据銃した状態なら6割程度は割れるようになった。もちろんシングルのみだけど技能講習も同じような緩いルールなので、1枚も割れないのでは……という不安はなくなった。

満を辞して挑んだ技能講習

迎えた技能講習当日。指導員の方に「ボルト? スコープつけたまま?……大丈夫か?!」とめちゃくちゃ心配されたけれど、それはもう慣れている。「練習してるので大丈夫です」と自信を持って答えられる程度には練習もした。
「大丈夫かいな……」という視線を感じながら入った1番射台。1枚目は外したけれど、別段焦りもせず2枚目でクレーを割った。正直ホッとした。指導員もホッとしたようで、「うまいもんやなぁ」と喜んでもらえた。

後はリラックスして練習気分で楽しんだ。合間にアドバイスもいただき、そのアドバイスを活かすこともできた(と思う)。結果は16枚。もちろん問題なく合格だった。

MSS-20でクレー射撃を楽しむ時に気をつけたいこと

所持するときに心配したMSS-20でのクレー射撃も、やってみたら難しくはない。初めて鉄砲を持った人が感じる難しさと、そう変わりはないはず。7番射台のマークで狙点を把握してちゃんと練習すれば、技能講習なんてへいちゃらだ。
ただ、ボルトアクションやスコープ付きの鉄砲でクレー射撃をやったことがない人がほとんどなので、クレー射撃の基本的なことは教わりにくいとは思う。ルールやマナーを教わり、それをしっかり守って練習すれば、どこを狙えばクレーが割れるのかぐらいはすぐにわかる。

場違いな鉄砲を持っているとどうしても悪目立ちするので、いろんな意味で注意というか覚悟はしておいた方がいい。ボルトアクションでクレー射撃をやってはいけないわけではないから必要以上に悪びれることはないけれど、「場にそぐわない鉄砲持ってきてすんまへんなぁ」ぐらいの気持ちがあった方が平和に射撃を楽しめる気がする。

ボルトアクションでスキートを楽しむ方々

MSS-20を所持した時はあまり興味がなかったクレー射撃も、狙って割れるようになると俄然おもしろくなってきた。ひとまずの目標は据銃動作ありのシングルでコンスタントに20枚割ること。そして、いつかダブルにも挑戦したい。
ボルトアクションでダブルは無理だと思っていたけれど、信じられないぐらい素早いボルト操作で爽快にクレーを割っている方々(複数!)がいる。

狩猟に必要な技術だとは思わないけれど、シビれるし、あこがれる。これだけの技術があれば自信と余裕をもって獲物を狙えそう。自信と余裕は安全にもつながるはず。シビれてあこがれるようなことは、できるかどうかはともかく目標にしたい。

高倍率(?)のスコープを乗せたままの方も発見。形状的に最低倍率でもそこそこな倍率な気がするんだけれども、どういう世界が見えているんだろう……

拡大された視界で飛んでいるクレーを捉え続けるのは、かなり難しそう……理解不能な世界だ。

MSS-20を楽しむ

僕がスキートを楽しんでいる様子を見た先輩猟師から、スキート銃やスポーティング銃の所持をお勧めされた。でもスキート銃を欲しいとは(まだ)思わない*3。僕はスキートで良いスコアを出したいのではなく(出したいけど)、スキートを楽しみながらMSS-20を使いこなせるようになりたいのだ。

初めての散弾銃をMSS-20にして後悔したことは何度かあったけれど*4、技能講習を問題なくクリアしたことで後悔する要素はなくなった。このかっこいい鉄砲で狩猟と射撃を楽しみたい。

Canvas Leather Recoil Pad

リコイルパッド

銃床になにかを付けるのは好みではないんだけれど、MSS-20のリコイルパッドはゴム製のため据銃時にひっかかってしまうことがあるので、据銃ありでスキートを楽しむなら革や布のリコイルパッドがあった方がいい。革の巾着袋的なもので代用していたらなかなか具合が良かったので、eBayで良さげなものを購入した。個体差と組み合わせでハマらない場合があるかもしれないくらい、MSS-20にシンデレラフィット。Amazonならこれこれが良さげ。

購入時の価格 ¥2,570

Update:

狩猟

Text by pushman