Keyword "江川達也" - 3 items

ONE ZERO NINE|江川達也

江川達也初の本格野球漫画「ONE ZERO NINE」。地区大会決勝の9回裏は感動しました。嘘です。すみません。全然野球漫画ではありません。でもたしか、そのようなコピーがあった時期もあったような気がします。実際は、超中学級の不良少年が一人の人間として生きていくまでを描いた物語です。

GOLDEN BOY|江川達也

GOLDEN BOY」副題が「さすらいのお勉強野郎」。いいですね「さすらう」というのは。常々さすらいたいとは思っていますが、生きていく為にはさすらってばかりもいられませんからね。という固定概念をぶち壊す、妄想爆発漫画です。いや、僕はもう大好きな漫画の一つですね。

DEADMAN|江川達也

DEADMAN」いいですね。江川達也さんの隠れた名作だと思います。吸血鬼ものです。「"全身漫画"家」に書いてましたが、この時期アシスタントが大量に抜けちゃって背景を描くことを放棄したそうです。「その分作品のダークな雰囲気がに凄みが増した」と言ってますが、確かにそのとおりだと思います。

昭和51年、春。県立麗鵬高校に入学した、英吉利斯帰りの男“伯爵”こと黒澤龍一、趣味は人間観察。その彼の怪しい雰囲気に、周りの人々は異様なものを感じ始める。伯爵の不思議な力は、彼に興味を持つ者を虜にし、教室をも徐々に支配していく…。伯爵の狙いとは!?

DEADMAN 第1巻

«Prev || 1 || Next»

このページの先頭に戻る

Copyright 2015 - Heartfield