Keyword "格闘技" - 19 items

プロ対ファン

どっかの総統とは違って、選手と格闘技のことを真剣に考えているスーパーバイザーは、ちゃんと言うべきことを言ってくれております。

レフェリーは空気を読むな

昨日のHERO'S、なんというか、KIDと須藤元気の欠場といった暗いニュースを吹き飛ばすどころか、先行き不透明感がはっきり見えた悲惨な大会になってしまいましたね。

亀田選手が勝てた理由

幸か不幸か、テレビ中継を見ていないのであんまり言いたくないんですが、ネットでいろいろ見ていると相当猛烈残念な結果ですね。ガッツがまともな事を口走ってしまうぐらいですから。

K-1 REVENGE 2006

テレビで観戦していたのですが、試合内容は…まあもうどうでもいいですよ。強いてあげれば、武蔵はおそろしく久しぶりにアグレッシブでよかったと思います。あの姿勢を保って闘い続けてくれたらおもしろくなりそうです。

まあとにかく、過去最高にひどい解説でしたね。

がんばれ、金ちゃん

K-1創成期を支えた名選手の一人、金泰泳が現役復帰だそうです。

伝説の存在といっても過言ではない、金泰泳選手が、この度、開催するライトヘビー級トーナメントに出場することが決まりました

HERO'S[HERO'S★NEWS]

引退した頃は格闘技から興味が無くなっていたのでよく知りませんが、ニコニコしているイメージとは違いとてもハングリーな闘い方をする選手でした。日焼けして身体を絞っていたときは、見た目は空手家というよりムエタイの選手でしたね。

1年ほど前に天満の焼き肉屋さんで村浜選手と一緒の所を目撃したのですが、そのときは結構ふっくらしてました。写真を見る限り、きっちり絞ってきてますね。

個人的に一度引退した選手が復帰するのはあまり好きではありませんが、金ちゃんにはちょっと期待してしまいます。秋山も熱い闘いをするので、かっこいい試合を期待できそうです。

KIDがオリンピックに挑戦…?

山本“KID”徳郁が自身のBlogでちょっと驚きの発表をしてます。

もう俺ももう少しで30になる今が最後のオリンピックのチャンスここでトライしなかったら一生悔いが残る。こっから一年間で代表が決まる、これから一年俺はレスリング一本で行く。

山本“KID”徳郁BLOG | no title

Hero'sからの発表はまだみたいですが、どうなんでしょうね。ちょっとドキドキします。タイトル返上かな? 格闘技界というか、UWF絡みっつうか、とにかくややこしい世界ですので、そういうことはスムーズに進んで欲しいですね。

とにかく、KID選手には猛烈に期待しております。まずはマウントパンチを出さないようにする特訓からですね。

高阪最高

5月5日は高阪の日ですよ。負けてしまった選手を持ち上げるのはちょっと失礼かなと思うのですが、それでもやはり、昨日の高阪の戦いぶりには心揺さぶられるものがありました。

桜庭は PRIDE と HERO'S のリングに上がって欲しい

RINGSがまだ盛り上っていた頃までさかのぼらなくても、桜庭のHERO'S参戦は驚天動地の発表ですね。僕はPRIDEとHERO'Sどっちかを支持しているわけではないですが、しかしいくらなんでも桜庭をHERO'Sに引っ張り込むのはちょっと驚きです。格闘技団体の引き抜き合戦は昔から仁義なき戦いでしたが、それでもやはり、桜庭のHERO'S参戦は度を超えてるのではあるまいか、というのが僕の率直な感想です。なんかこんなことでまた法廷闘争とかになったらイヤだなぁ、と。

KID最高

いつからまとまった休みになると格闘技のイベントが日常的に行われるようになったのかわかりませんが、とにかくゴールデンタイムに地上波で格闘技が見れるのはほんとうにありがたいです。久しぶりにビールを飲みながら「HERO'S」を観戦いたしました。

いろんなサプライズがありましたが、個人的には久しぶりに聞いた前田の肉声が嬉しかった(笑)。しかし太りましたね。まあ髪型は随分ましになっていたのでとにかくよかった。

アーツ最高

K-1 GP 2006 in ニュージーランド。いや、もう素直に嬉しかった。往年の圧倒的な圧力を見ることはできないかもしれませんが、やはり強いし巧い。シュルトは圧倒的に強いけど、なんというか美しくない。もしK-1に芸術点があったら(あったら困るけど)、シュルトはダメだ。やはりホースト、アーツ、シカティック、フグとかK-1創世記の選手は技が美しかった。まあシュルトはでかいから動きが緩慢に見えてしまうのかもしれないけど、それにしても。

«Prev || 1 | 2 || Next»

このページの先頭に戻る

Copyright 2015 - Heartfield