Keyword "動画" - 2 items

FLVLauncher|MacらしいFLVプレイヤー

追記:現在はこのソフトを入れるよりも「iPod touchでYouTubeの動画を再生」に書いている様に、元々iPodで見れるフォーマットでダウンロードし、iTunes、またはQuickTimeで見るのが簡単だと思います。

さらに追記:もっと簡単な方法をこちらで紹介しています。「FastestTube|SafariでYouTubeの動画をダウンロード

FLVLauncher

ますます盛り上るYouTube。ついついお宝映像を探してしまいますね。今ではいろんな方法でYouTube動画を保存できますが、Safariなら特別なソフト無しで保存できます。お目当てのYouTubeページで、メニューバーの「ウインドウ」から「構成ファイル一覧」を開き、やたら大きなファイルをダブルクリック。「get_video」または拡張子が「flv」のファイルがダウンロードされ始めたら正解です。

で、そのダウンロードしたflvファイルを見る方法ですが、今までは「Wimpy FLV Player」を使用していました。が、これはMacらしくなくて、ドラッグアンドドロップでファイルを開けない、拡張子「flv」を追加しないといけない。など、見る時にちょっと面倒なのです。で、ちょっと時間はかかりますが「iSquint」を利用してQuickTimeムービーに変換していました。が、それも今日まで。「FLVLauncher」は上記の面倒作業が必要ない素晴らしいプレイヤーです。

Wimpy FLV Player|YouTube の動画を再生

追記:現在はこのソフトを入れるよりも「iPod touchでYouTubeの動画を再生」に書いている様に、元々iPodで見れるフォーマットでダウンロードし、iTunes、またはQuickTimeで見るのが簡単だと思います。
現在はこちらを使用しています。便利です。FLVLauncher|MacらしいFLVプレイヤー

Wimpy FLV Player

サイトを探索しているだけでもあっという間に時間が経ってしまうYouTubeですが、Tex Averyのファイルにはほんとに感動しました。しかしなかなか進まないダウンロードにいらいら…再生速度がダウンロード速度に追いついてしまうともちろん動画はストップしてしまいます。ということで、ダウンロードするわけですが、Safariをお使いであればファイルをダウンロードすることは簡単です。ダウンロードしたい動画のページを開き「ウインドウ」メニューから「構成ファイル一覧」を開きます。一番大きいファイルが動画ファイルだと思って間違いないでしょう。それをダブルクリックすれば勝手にダウンロードしてくれます。

ダウンロードが終ると「get_video」というファイル名で保存されており、どんな形式のファイルかさっぱりわかりません。もちろんQuickTimeでは見れないし、MPlayerなんかでも無理。いろいろ調べると「flv」という形式だそうで、それを再生してくれるのが「Wimpy FLV Player」です。

«Prev || 1 || Next»

このページの先頭に戻る

Copyright 2015 - Heartfield