Keyword "クエンティン・タランティーノ" - 3 items

ジャンゴ 繋がれざる者|クエンティン・タランティーノ

Django ポスター

僕をほんとの映画好きにしてくれた、タランティーノの新作「ジャンゴ 繋がれざる者」を観てきました。タランティーノなんで血なまぐさいシーンは覚悟していましたが、朝一からは流石にちょっときつかった(笑)。でも、めちゃくちゃかっこいいし、おもしろい物語でした。

ただ、「パルプ・フィクション」や「レザボア・ドッグス」のように、手放しで素晴らしい映画だ、とはちょっと言いづらい。
汚い言葉、残酷なシーンが気になったのではありません。あそこまで残酷だと、逆にちょっと笑ってしまいます。物語の構成もおもしろいし、演出、演技もいちいち「かっこえぇなぁ」となります。映画としてほんとに素晴らしい。タランティーノが好きそうな作品、というか監督が一番気に入ってるんじゃないかと思います。
僕が気になったのは、アメリカの薄暗い歴史である、黒人奴隷の問題がモチーフにされていることです。

イングロリアス・バスターズ|クエンティン・タランティーノ

久しぶりにふらりと街に出かけたら、「イングロリアス・バスターズ*1のポスターが目に飛び込んできたので、「いつから公開かな…」と思ったらなんと初日でした。ということでそのままチケット売り場に直行してきました。

フロム・ダスク・ティル・ドーン|ロバート・ロドリゲス

久しぶりに見ました。いや、いいですね、この作品。タランティーノとロバート・ロドリゲスが自分たちの好きな事だけやってる映画。逃亡劇だけではさみしいので、ホラーもヤッチマエー、なんて感じで完成させたんでしょうね。

«Prev || 1 || Next»

このページの先頭に戻る

Copyright 2015 - Heartfield