2004-03-12 Fri

ブログを引越ししました。新しいブログもよろしくお願いします。
Heartfield - What’s wrong about feeling good?

化粧師|田中光敏

必要に迫られて「化粧師」を見ました。

大正初期の東京を舞台した人間ドラマ。「もっと美しく、もっと輝きたい…」という、いつの世にも変わらぬ女性のあくなき願望をかなえ、心まで癒してくれる化粧師・小三馬。彼に関わる女性は、化粧によって力を与えられ、前向きに羽ばたいていく。

化粧師

前評判もよかったのと、まず「見ないといけない」という状況があったので、割とダラダラと見ていたのですが、役者さんたちの安心感のある演技にぐいぐいと物語に引き込まれていきました。ただ、全体的な流れは、過去に何度も見たことのあるものでした。

主人公の男は無口で無愛想。周囲の人間は彼のことをさけているが、最後に本当は心優しい男ということがわかる…

よくある話ですし、納得できない個所が多々あります。まっさきに感じるのは、人の心の動きがちょっと早いんじゃないか? ということです。なんか「0か1か」みたいな感じで、化粧前と化粧後で顔が変わるのはいいとして、自分の過ちを一瞬で認め、悔い改めて小三馬に感謝したり…もうちょっと細かい描写がないと、見ていて引っ掛かってしまいます。まあこれは2時間という枠に結構な数のエピソードを盛り込んでいるので、仕方がないですね。どれも微妙にからんでくるし。

また、いろんなサイトでネタバレしている小三馬の秘密ですが、別に隠す必要はないような気がします。でも、これのおかげで、映画的な仕掛けが盛り込まれ、より多くの楽しみを見つけることができ、多くの人に支持されているでしょうね。

というように、アラはたくさんある映画なんですが、そこを許せてしまう映画です。実際文句を言いつつももう一回見てもいいかなぁ、いや、もう一回みたいな、と思ったりします。そして結局「なんか好きな映画なんだよなぁ」という風に、味方したくなる映画です。

化粧師 [DVD]

化粧師 [DVD]

¥5,460(定価)
¥3,881(Amazon価格)

在庫あり。(価格・在庫状況は10月23日 17:35現在)

Tag:

2004-03-12 Fri / Category - Movie / Comment - 0 / TrackBack - 0

「化粧師|田中光敏」へのトラックバック

TrackBack URL:

「化粧師|田中光敏」へのコメント





このページの先頭に戻る

Copyright 2004 - Heartfield