2005-11-06 Sun

ブログを引越ししました。新しいブログもよろしくお願いします。
Heartfield - What’s wrong about feeling good?

腰痛対策|セーフティーチェア YS-46-LBL

ここ最近Blog再開やなんやかんやで、Macの前にいる時間が激増してます。いくらMac好きとはいえ、さすがに目がしょぼつき、ときおり視界を影がかすめたりします。まあそれはいいんですが、ほんとにつらいのが、腰痛。もうかれこれ10年以上の付き合いなのですが、最近意味なく「ちょっと待って…」とつぶやき、3秒ほど一切の思考が停止してしまうほどの痛みを感じることも多くなってきて、まあ困ってます。

たまりかねて病院に這っていったことも有りますが、冷たく「運動不足」と診断されました。

それ以来、病院仕込みの筋トレ、体操を行っていますが、ある一定のレベルにしか回復しません。姿勢の悪さもいくらか関係しているということなので、気を付けてはいますが、やはり作業に集中してくると前のめりになって腰から曲がってしまうんですよね。

ということで、かれこれ5年ぐらい前から東急ハンズやロフトで目にするたび「俺は、いつの日かあのイスを買う…」と密かに決意していたイスを購入しました。そのイスは一般的に「バランスチェア」と呼ばれているもので、小学生の頃からこのイスを使っているかのように座っていた僕としては、夢のようなイスでした。なんというか、軽く正座している様な姿勢になるイスですね。

実際に買うと決めて、東急ハンズに行ったはいいですが、よくよく考えると腰の負担もさることながら、金銭的な負担がかかるのもちょっと困る、という長期的展望を欠いた思考しかできなくて、なんども試し座りをしていてふと気がついたのです。「別にこのイスを買わずとも、この姿勢を保てればよい」ということに。

意気揚々と帰宅し、似たようなイスを探しましたが、やはりどれもこれも数万円します。最終的には「自分で作ったろか」と工夫貧乏的思考になってましたが、やっと見つけたのがこの「セーフティーチェア」です。

さて、異様に長い前置き失礼しました。届いたばかりで心持ち興奮しているのです。なぜ興奮しているか? それは、このイスが、非常に高いコストパフォーマンスを持っていたことが判明したからです。

僕がこのイスを買う時に迷ったのは

  • 背もたれあった方がよくない?
  • 実際効果あるのか?
  • 他のと比べて安すぎないか?
  • 高さ調節できるのか?

の4点でした。

まず「背もたれなんて、ただの飾りです。偉い人にはそれがわからんのです」ですね。踏ん反り返って作業はできませんから。なにより踏ん反り返ると腰を痛めます。

効果の程はもちろんまだまだわかりませんが、長時間座っていても、腰が伸びきったままです。なんででしょうね? だから売れるんですが。こうして長文を書いていても、今までのように腰を気にすることが無くなりました。

他のと比べて安い件ですが、これはおそらく商品名になんらかの秘密があるかもしれません。Amazonでもう一つ安い類似商品があるのですが、それでも6,000円超えてます。この二つとも、一般的に「バランスチェア」と呼ばれているイスと同じ形状なのですが、「バランスチェア」とはどこにも書いてないんですね。「セーフティチェア」っていったら、なんかとても安全な機能があるみたいですし、「背筋ピシャットチェアー」にいたってはなんともはや…で、この二つを比較すると、「6,000円は試し買いする金額ではない」と思いますよね。写真から比較すると、ほとんど同じ形状ですし、このレベルではほとんど気にならない差異しかないだろうと判断しました。どうせ安物買いなら、より安い方で十分であろうと思います。

最後の高さ調節ですが、ご安心ください。ちゃんとできます。もちろん、ガス圧とか油圧なんてらくちん調節ではなく、手動でグリグリ回すタイプですが、無段調整ですので、よほど特異な体形の方以外は、楽なポジションを見つけられると思います。

あと、Amazonレビューの方は“さっと立ち上がるのはちょっと面倒”と書かれてますが、僕は特に気になりませんでした。…今だってさっと立ち上がってみましたけど、さっと立ち上がれましたよ。お見せできないのが残念ですが。

欠点らしい欠点はないですが、強いて言えばこの手のもの共通の問題、わかりにくい組み立て説明書ぐらいですかね。プラモデルほど細かく書けとはいいませんが、もうちょっと見てわかるように作ってもらいたいものです。

最後に直接このイスとは関係ありませんが、おすすめ腰痛対策です。接骨院で「なるべくイスを高くしなさい」と言われました。つまり「目線を下に、手もなるべく下に」という事らしいです。そうすると今度は足がぶらんぶらんになるので、腰だけで体重を支えるのではなく、しっかりと足でも支えられるように踏み台を置くことで、これを解消。するとこれがまたほんとに楽になります。このイスの場合は高さに限度があるので、普通の机*1だと、ちょっと高く感じるかもしれません。僕はエセエレクターを使用しているので、60cmぐらいの高さに設定してますが、その相性はもう奇跡といってもいいぐらいです。楽すぎ。もちろんこのイスの場合は踏み台なんて無用。なんだったら膝で全体重を支えるぐらいの気概で座りましょう。

ということで、腰への負担と金銭的な負担のバランスに悩まれている方には、相当猛烈にお勧めできる「セーフティチェア」です。

YAMAZEN セーフティーチェア ブルー YS-146

YAMAZEN セーフティーチェア ブルー YS-146

¥0(定価)
在庫切れ(Amazon価格)

在庫切れ(価格・在庫状況は7月28日 21:56現在)

  1. *1 - 70〜80cmぐらいでしょうか?

関連記事

Tag: /

2005-11-06 Sun / Category - Column / Comment - 0 / TrackBack - 0

「腰痛対策|セーフティーチェア YS-46-LBL」へのトラックバック

TrackBack URL:

「腰痛対策|セーフティーチェア YS-46-LBL」へのコメント





このページの先頭に戻る

Copyright 2005 - Heartfield