Heartfield

What’s so bad about feeling good?

荒木飛呂彦の世界 コースターギャラリー vol.1

2015年10月30日(金)

雑文 / /

Text by pushman

2年前に『ジョジョの奇妙な冒険』に巡り合い、一気にはまってしまいました。25年以上続いている作品なので、グッズもたくさんあります。最近ではアニメも好評で、なんと4部もアニメ化決定。そしてこのタイミングで『ジョジョ』以前の荒木作品がコースター化されました。

過去に『魔少年ビーティー』『バオー来訪者』はフィギュアが発売されていますし、『ゴージャス☆アイリン』もフィギュアの発売が決定しています。これだけでも昔からのファンがむせび泣いていても不思議ではないと思いますが、このコースターシリーズにはまさかの『武装ポーカー』と、ディオ似で有名な幻の『青年ビーティー』が含まれています。この2つはこの先もグッズ化されることは無いのではないでしょうか。ほんとこのメーカーはファンの心を掴むのがお上手(笑)。

『荒木飛呂彦の世界 コースターギャラリー vol.1』

当然全種類欲しいので箱買いを決断したのですが、6種類なのに8個セットでしか販売されていません。悩んで悩んで、結局腑に落ちないまま箱買いしたのですが、次々開封して素晴らしい仕上がりのコースターを手にするうちに不満は吹き飛びました。ダブったコースター(バオーとアイリン)は予備と考えればいいだけです(笑)。このコースター、コースターとしてももちろん使えますが、フィギュアと一緒に飾りたくなる完成度です。特に少年ビーティーとアイリンのカラーリングは、色数が少ないのに原作のイメージ通りで素晴らしい。武装ポーカーもシンプルなデザインですがトランプをあしらった独特の形状でかっこいいです。

『ジョジョ』のグッズはこれからもずっと商品化されていくと思いますが、『ジョジョ以前』の作品はなかなか販売されることもないと思いますし、1個当たりの値段はお手頃なので、荒木先生の世界に魅了されている方は今のうちに購入しておいた方が良いと思います。